駅伝・マラソン

2022箱根駅伝の外国人ランナーを一覧化!起用ルールや制限はあるの?

2022箱根駅伝の外国人ランナーを一覧化!起用ルールや制限はあるの?

お正月の楽しみの1つ箱根駅伝で外国人ランナーが走っているのを見かけますね。

2022年の箱根駅伝では何人の外国人ランナーがいるのでしょうか?

一覧表でわかりやすく見てみたいですね。

また、箱根駅伝で外国人ランナーが走るための起用ルールや制限はあるのでしょうか?

2022年版箱根駅伝外国人ランナーの起用ルールや制限について一覧表にまとめてみました。

 

2022箱根駅伝の外国人ランナーを一覧化!

2022年箱根駅伝のエントリー登録された外国人ランナーを一覧表にまとめてみました。

氏名 大学名 年齢 学部・学年 出身
フィリップ ムルワ 選手
創価大学 19歳 経済(3年) ケニア
イェゴン ヴィンセント 選手
東京国際大学 21歳 経済(3年) ケニア
ルカ ムセンビ 選手
東京国際大学 21歳 経済(3年) ケニア
ポール オニエゴ 選手
山梨学院大学 22歳 経営(4年) ケニア
ジェームズ ブヌカ 選手
駿河台大学 24歳 メディア情報
(4年)
ケニア
ダンカン キサイサ 選手
専修大学 18歳 経営(1年) ケニア
ライモイ ヴィンセント 選手
国士舘大学 25歳 21世紀アジア
(4年)
ケニア

各大学に2人くらいエントリー登録しているのかと思っていたのですが、少ないんですね。

何か理由があるのでしょうか?

外国人ランナーと言ってもエントリー登録はケニア出身の選手だけになっていますね。

2022箱根駅伝の外国人ランナーのプロフィールを紹介

2022年箱根駅伝の外国人ランナーについて詳しく調べてみました。

各選手のプロフィールを簡単にご紹介します。

外国人ランナーの皆さんはやはりすごい記録を持っています!

フィリップ ムルワ:創価大学

  • 生年月日:2002年3月 3日
  • 身長・体重:164センチ、45キロ
  • 出身地:ケニア
  • 出身校:キテタボーイズ
  • 過去の箱根駅伝成績:第97回 2区6位
  • 1万メートル自己ベスト記録:27分35秒29

イェゴン ヴィンセント:東京国際大学

  • 生年月日:2000年12月 5日
  • 身長・体重:184センチ、67キロ
  • 出身地:ケニア・Sotik
  • 出身校:チェビルベレク
  • 過去の箱根駅伝成績:第96回 3区区間賞・区間新、第97回 2区区間賞・区間新
  • 1万メートル自己ベスト記録:27分24秒42

ルカ ムセンビ:東京国際大学

  • 生年月日:2000年12月12日
  • 身長・体重:166センチ、67キロ
  • 出身地:ケニア・Makueni
  • 出身校:仙台育英
  • 1万メートル自己ベスト記録:28分20秒09

ポール オニエゴ:山梨学院大学

  • 生年月日:1999年6月21日
  • 身長・体重:165センチ、49キロ
  • 出身地:ケニア・キシィ
  • 出身校:モゴンガ
  • 過去の箱根駅伝成績:第97回4区1位
  • 1万メートル自己ベスト記録:27分51秒59
2022箱根駅伝の外国人ランナーを一覧化!起用ルールや制限はあるの?

ジェームズ ブヌカ:駿河台大学

  • 生年月日:1997年11月 1日
  • 身長・体重:163センチ、52キロ
  • 出身地:ケニア
  • 出身校:リルタセントラル
  • 1万メートル自己ベスト記録:27分45秒59

ダンカン キサイサ:専修大学

  • 生年月日:2003年1月 4日
  • 身長・体重:173センチ、88キロ
  • 出身地:ケニア
  • 出身校:大分東明
  • 1万メートル自己ベスト記録:28分57秒27

ライモイ ヴィンセント:国士舘大学

  • 生年月日:1996年7月16日
  • 身長・体重:178センチ、65キロ
  • 出身地:ケニア・ニャフルル
  • 出身校:モチョンゴイ
  • 過去の箱根駅伝成績:第95回2区3位第96回2区4位第97回2区2位
  • 1万メートル自己ベスト記録:27分39秒80

2022箱根駅伝の外国人ランナーの起用ルールや制限はある?

2022年の箱根駅伝にエントリー登録された外国人ランナーは7人です。

箱根駅伝に参加する21チーム336人中7人とは少ないですね。

起用ルールや制限などがあって難しいのでしょうか?

詳しく調べてみました。

公式の規約がこちら

箱根駅伝の外国人ランナーの規約については「関東学生陸上競技連盟」の規約に明記されています。

関 東 学 生 陸 上 競 技 連 盟 規 約

第 8 章 競技会

(東京箱根間往復大学駅伝競走の参加校および出場回数)
第 56 条
3. 外国人留学生選手の出場に関する規定
1)外国人留学生の起用は、各チームとも予選会、本選においてエントリーは2名まで、
出場は1名までとする。
2)実施数年後に、状況の変化などにより、この規定の見直しを行う場合がある。
(注)ここで言う「外国人留学生選手」とは、留学ビザで入国資格を得ている本連盟加盟
校所属の登録競技者を示している。日本に永住、あるいは定住が認められている外
国人は対象外であり、何らこの規定から規制を受けるものではない。

【引用:https://www.kgrr.org/】

箱根駅伝は第82回大会(2006年)から規約を上記のように改訂して外国人ランナーの制限をしたようです。

規約を改訂してまで外国人ランナーを制限するとは厳しいですね。

2022箱根駅伝の外国人ランナーを一覧化!起用ルールや制限はあるの?

規約を簡単にまとめると・・・?

規約の文章は難しいので簡単にまとめると

  • 箱根駅伝で外国人ランナーの登録は各大学2名まで
  • 箱根駅伝に出場できる外国人ランナーは各大学1名

となります。

走る区間についての規定はないのでどの区間を走っても良いようです。

箱根駅伝で外国人ランナーが1人しか出場できないのは厳しいルールですね。

2022箱根駅伝の外国人ランナーの注目は誰?

外国人ランナーに厳しい制限がある中、2022年の箱根駅伝にエントリー登録された注目の選手を紹介します。

輝かしい記録を持っていますので、2022年の箱根駅伝でもきっと活躍してくれるでしょう。

箱根駅伝がさらに楽しみになると思います。

イェゴン ヴィンセント:東京国際大学

これまで出場した4回の三大駅伝すべてで区間賞を獲っています。

大学1年時の箱根駅伝では3区21.4kmを59分25秒とそれまでの区間記録を2分1秒も更新。

「史上最強」の留学生ランナーと呼ばれています。

ジェームズ ブヌカ:駿河台大学

10000mで27分45秒59の記録を持っています。

日本インカレ1万メートルでは2020年、2021年と2連覇!

駿河台大学のエースとして大学初の区間賞の期待もかかっています。

2022箱根駅伝の外国人ランナーはずるいのか?

外国人ランナーが箱根駅伝を走ることは「ずるい」のでしょうか?

外国人ランナーについて速すぎるため出場させるのは「ずるい」という声があります。

2022箱根駅伝の外国人ランナーを一覧化!起用ルールや制限はあるの?

逆に外国人ランナーが箱根駅伝を走ることは「ずるくない」という意見もあります。

外国人ランナーは正式な手続きで登録されていますから批判の声はおかしいですね。

そして2016年1月1日の東洋経済オンラインの記事に東海大学両角速監督の言葉がありました。

ケニア人留学生は親元だけではなく、国を離れて、異国の地で競技をやっている。自分たちに同じことができるのか。

彼らは日本で競技会荒らしをしているわけではなくて、人生をかけて、命をかけてやっている。そういう気持ちが、日本の高校生とは違います。競技に対する気持ちが君たちよりはるかに上回っているんじゃないかと。

同じように日本を離れて、何も分からないところで頑張るくらいの覚悟を持って、競技に取り組むことができればケニア人留学生が相手でも負けないんじゃないか、というようなことはよく話しましたね」(両角)

【引用:https://toyokeizai.net/】

外国人ランナーの皆さんは競技に対する姿勢、覚悟が違うから速い。

「ずるい」ではなく、日本人選手も同じ覚悟で取り組めば外国人ランナーに負けないと言っていますね。

外国人ランナーは箱根駅伝に出場するための厳しい制限を超えて出場するのですから、批判の声に負けないでほしいです。

【まとめ】2022箱根駅伝の外国人ランナーについて

2022年の箱根駅伝外国人ランナーに注目して調べたまとめです。

  • 2022年の箱根駅伝にエントリー登録された外国人ランナーは7人
  • 箱根駅伝でエントリー登録出来る外国人ランナーは各大学2人
  • 箱根駅伝に出場できる外国人ランナーは各大学1人
  • 外国人ランナーは「ずるい」という批判もあるが、競技への姿勢・覚悟が違うだけ

2022年箱根駅伝外国人ランナーについていかがでしたか?

2022年の箱根駅伝を見るのがもっと楽しみになりましたね。