ドラマ

ドラマ最愛の原作は韓国or漫画?脚本家と演出担当に期待大の声続出!

ドラマ最愛の原作は韓国or漫画?脚本家と演出担当に期待大の声続出!

2021年10月スタート、金曜ドラマ「最愛」

人気女優「吉高由美子さん」主演のこの作品ですが

10月放送のドラマ「最愛」の原作は韓ドラか漫画!?原作は人気だったのかな!?
ドラマ「最愛」の原作がないなら展開が気になる!!

と思っているあなた!!

今回は、「ドラマ「最愛」の原作はあるのか。原作は人気だったのか」そして、「どんな展開になるのか」についてお話していきます。

ドラマ最愛の原作は韓国or漫画?


ドラマ「最愛」の原作はあるのでしょうか!?

2021年8月現在、放映されているドラマは「原作が漫画」や「韓国ドラマのリメイク」が多いように感じます。

原作があることで、「どうしても続きが気になる」という時、原作を見れるというメリットがありますよね。

逆にオリジナルであれば、「続きが気になっても見ることができない。むず痒さ」を感じますが、それはそれで毎週の楽しみになります。

ドラマ「最愛」は「原作があるのか・原作がなくてオリジナルなのか」見ていきましょう。

原作なしのオリジナル

ドラマ最愛の原作は韓国or漫画?脚本家と演出担当に期待大の声続出!

ドラマ「最愛」の公式サイトを見てみると

完全オリジナルのサスペンスラブストーリー

出典:https://www.tbs.co.jp/saiai_tbs/

と記載されています。

公式サイトで正式に記載されている為、韓ドラや漫画の原作はなく、「完全オリジナル作品」ということになります。

ドラマ「最愛」の主役を演じる「吉高由里子さん」も2021年8月14日のTBS取材にてこのようにコメントしています。

今作は、企画の段階から資料を読ませていただいたりしていたのですが、オリジナルドラマはこんなにも生みの苦しさがあるんだなと改めて感じました。

ひとつの作品を生み出すこと、そして全員が同じ方向に進んで作品を作っていくという作業は本当に大変な事ですが、皆がオリジナル作品に挑んで良かったと思えるようなゴールになれば嬉しいです。

出典:https://www.tbs.co.jp/saiai_tbs/

ねこまる
ねこまる
1から作る大変さ。作ったことがない私でも「相当大変だろうな」と感じます。

どんな作品になっているのか。今からとても気になります!!

原作は韓国or漫画?

ドラマ「最愛」は原作がなく、「完全オリジナル作品」であることが分かりました。

韓国ドラマのリメイクでもなく、漫画が原作でもないこの作品。

ですが、ツイッターをみると「楽しみ」など期待の声が多くありました。


原作ファンがいるならこの反響も分かりますが、「オリジナル作品」にも関わらずこの反響です。

視聴者を魅了するドラマ「最愛」の魅力とは何なのでしょうか!?




ドラマ最愛の脚本家や演出家は誰?

ドラマ「最愛」を担当している「脚本家や演出家の方々」は、数々のドラマを生み出した「スペシャリスト」ばかりです。

これからご紹介させて頂きますが、「脚本家と演出家の方々」を見るだけでも、ドラマ「最愛」への期待が高まること間違いなし!!

オリジナルにも関わらず反響がある理由はここにあるのかもしれませんね。

脚本家

ドラマ最愛の原作は韓国or漫画?脚本家と演出担当に期待大の声続出!

ドラマ「最愛」の脚本家をご紹介します。

  • 奥寺佐渡子さん

「最愛」の主演を演じる「吉高由美子さん」のドラマ前作である「わたし、定時に帰ります」の脚本も担当されています。

その他にも2017年に放映されたテレビドラマ「リバース」や、アニメ映画時をかける少女」「サマーウォーズ」などの有名作品も担当されるなど、幅広い分野で活躍されています。

  • 清水友佳子さん

奥寺佐渡子さんと同じく「わたし、定時に帰ります」の脚本も担当されています。

その他にも2020年NHKの連続ドラマ「エール」や2021年8月現在放映されている「彼女はキレイだったなど。

主に「テレビドラマの脚本」を担当されています。

演出家

ドラマ最愛の原作は韓国or漫画?脚本家と演出担当に期待大の声続出!

ドラマ「最愛」の演出家をご紹介します。

  • 塚原あゆ子さん

塚原あゆ子さんも、様々なドラマの演出をされています。

最近の作品であれば2020年6月に放映された「MIU404」や、2021年4月に放映された「着飾る恋には理由があって」ではメインで演出担当されています。

演出家でありながら、2018年に放映された「コーヒーが冷めないうちに」では「監督」を担当するなど、魅力が尽きない方です。

その他制作スタッフもヒット作品の生みの親!

ドラマ「最愛」の脚本家と演出家の方をご紹介しましたが、その他「制作スタッフ」も素晴らしい方々ばかりなんです。

その中でも、一番「ヒット作品」を生んできたスペシャリストは「プロデューサー・新井順子さん」です。

実は、先ほどご紹介したドラマは、ほぼ「新井順子さんがプロデュース」されています。

  • 2019年「わたし、定時で帰ります」
  • 2020年「MIU404」
  • 2021年「着飾る恋には理由があって」などなど。

こうしてみると、脚本家、演出家、プロデューサーと、ほぼ同じ方々が担当されているんですね。

数々の作品を共に作成していくことで、より良い作品を作ることができるのかもしれません!!

ねこまる
ねこまる
視聴者も「このドラマを作った人達なら・・・」と安心してドラマを見ることができますよね。



ドラマ最愛のあらすじ内容や今後の展開予想


2021年10月スタートのドラマ「最愛」。ドラマが始まる前に「あらすじ」を確認しておきましょう。

ドラマ「最愛」のメインキャスト3人ご紹介します。これさえ覚えておけば楽しめること間違いないです!!

  • 吉高由里子さん演じる「主人公・真田梨央」は実業家でありながら、連続殺人事件の重要参考人となります。
  • その事件の真相を追う刑事(キャスト未定)が、なんと「主人公・真田梨央」の初恋相手っ!!
  • あらゆる手段を使って「主人公・真田梨央」を守ろうとする弁護士(キャスト未定)

これだけで、壮絶な「サスペンスラブストーリー」になること間違いありません。

今後の展開については、8月14日(土)のTBS取材にてプロデューサー・新井順子さんがこのようにコメントしています。

物語の説明を詳しくしてしまうと、先入観が邪魔をして楽しめないと思うので、あえていたしません!

登場人物たちが”最愛のもの”の為に、どのように動き、どんな感情が生まれ、何が起こるのか?

サスペンスストーリーの中に、家族愛や初恋などのラブ要素を織り交ぜ”最愛”をテーマにした人間ドラマです。ぜひお楽しみください!

出典:https://www.tbs.co.jp/saiai_tbs/

このコメントから考えると、「主人公・真田梨央」が、連続殺人事件の重要参考人となったのは深い訳があるのでは!?

本当な「初恋の人と心を通わせたい」と思っているのでは!?など推測ができます。

そこで、出てくる「弁護士」の存在も気になるところですね。

どんな展開になるにしても、視聴者を魅了すること間違いなしです!!




ドラマ最愛の吉高由里子の演技力への期待は?

ドラマ「最愛」の主演「吉高由里子さん」

実はこのドラマ「最愛」を作るきっかけとなったのは「吉高由里子さん」なんです!!

2019年に放映された「わたし、定時で帰ります」の吉高由里子さんの演技を見てプロデューサーの新井順子さんが思い立ったのだとか。

2021年8月14日(土)のTBS取材にてプロデューサー・新井順子さんがこのようにコメントしています。

吉高由里子さん演じる「結衣」が倒れている彼氏を発見して救急車を呼ぶシーンがありました。

そこでの吉高由里子さんの緊迫感ある表情を見た時ゾクッとしました。吉高由里子さんにはまだ見たことのない姿があるのではないか?

「叶わない恋をしながら追い詰められ、守るべきものの為に苦悩する吉高由里子」そんなストーリーが頭に浮かびました。

出典:https://www.tbs.co.jp/saiai_tbs/

吉高由里子さんの「緊迫感ある表情・演技力」があってこそ、このドラマが生まれました。

つまり、吉高由里子さんにしか「できない役」と言っても過言ではありません。

吉高由里子さんがドラマ「最愛」でどんな姿を見せてくれるのか!!見逃せません!!