ドラマ

ボクの殺意が恋をした6話感想やネタバレ!許嫁の登場で更なる波乱の予感!

ボクの殺意が恋をした6話感想やネタバレ!許嫁の登場で更なる波乱の予感!

ボクの殺意が恋をした6話感想やネタバレ!

2021年8月15日放送のドラマ『ボクの殺意が恋をした』の第6話。

新しい登場人物と柊の関係は?丈一郎の死に葵は関係があるのか?

そこでこちらの記事では、ドラマ『ボクの殺意が恋をした』の6話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

ボクの殺意が恋をした6話の感想の前にあらすじネタバレ

6話あらすじネタバレ

鳴宮美月から正体は殺し屋と聞かされ、葉山葵(新木優子)は男虎柊(中川大志)を首にし、美月のふりを続けることにします。

柊が家に帰ると、許嫁だという財閥の令嬢・藤堂莉奈(松本穂香)が待っていました。

柊は、丈一郎(藤木直人)が結婚の約束をした手紙を持っていた莉奈を一晩家に置くことにします。

しばらく仕事を休むことにした葵を水瀬千景(田中みな実)はホテルの部屋に匿いますが、風岡樹生(中尾明慶)の呼び出しで外出した葵は何者かに連れ去られます。

手足を縛られた葵の前に現れたのは綿谷詩織(水野美紀)。

詩織は葵に鳴宮美月にメッセージを送るよう言い、柊には葵が丈一郎殺害を告白する動画と葵の居場所を伝えます。

はっきり自分が丈一郎を殺したと言いながら理由を言わない葵に柊は拳銃を向けます。

引き金を引こうとしたその時、現れたのはデス・プリンスこと八乙女流星(鈴木伸之)。

「美月は俺が守る」と柊と格闘の末、葵を連れて去っていくのでした。




ボクの殺意が恋をした6話の感想まとめ!

ボクの殺意が恋をした6話のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計方法:クラウドワークス)

女性の口コミ
女性の口コミ

許嫁・莉奈のこのタイミングでの登場に、ますます謎が深まります。

彼女は柊の敵か味方か?

本当にただ頼ってきただけなのか。

大量のこけしも怖すぎます。

まだ写真での登場ですが、葵の兄・武尊はキーパーソンの予感。

本人が言う以上に美月との関わりが深そうな千景の役割も大いに気になります。

そしてやはり帰ってきたデス・プリンス。

派手な登場に気持ちも上がりました。

殺しのバトルではなく恋のバトルが始まりそうで、ますます楽しみです。

女性の口コミ
女性の口コミ
ここに来て、まさかの葵が真犯人という事実に驚きを隠せませんでした。でも、その事実をあっさり認めすぎだし、千景もまだ何か隠していそうだし、これもまた真犯人のミスリードなのかなと思いました。
いきなり出て来た莉奈も胡散臭すぎますが、何もかも自作自演で、柊を惑わすために詩織が雇った刺客なのかなと、あれこれ邪推してしまいました。
女性の口コミ
女性の口コミ
「僕の殺意が恋をした」6話の感想は、葵の兄の事が出てきたのと、千景が葵にお兄さんから何か預かっていないと聞いていた事から、最大の悪は葵の兄ではないかと思っています。
それをあぶり出すために詩織が千景と組んでいて、また以前に詩織が上司に報告していた様に丈一郎も水面下で動いている様に思いました。
しかし、柊に葵を殺させようとする詩織の意図が分からず悩んでいます。

ボクの殺意が恋をしたの6話の視聴率は?

ボクの殺意が恋をしたの6話の視聴率は、4.9%です。(ビデオリサーチ調べ)

1話からの視聴率推移

2021夏ドラマ
『ボクの殺意が恋をした』
放送話 視聴率
1話 5・8%
2話 6・0%
3話 5・1%
4話 4・6%
5話 4・7%
6話 4・9%
7話
8話
9話
10話
最終回

ちなみに、前枠の『ネメシス』の視聴率一覧は以下の通り。

前枠ドラマの視聴率推移

2021春ドラマ
『ネメシス』
放送話 視聴率
1話 11.4%
2話 9.5%
3話 8.9%
4話 8.3%
5話 7.8%
6話 7.9%
7話 7.4%
8話 7.8%
9話 7.9%
最終回 8.6%
  • 最高視聴率:11.4%
  • 最低視聴率:7.4%

また、『ボクの殺意が恋をした』の視聴率についてはこのようなコメントも。

デス・プリンスの登場に盛り上がったツイートが多く見られます。

謎が深まる物語とラブストーリーに目が離せないというつぶやきも多数。

視聴率は少し上がって4.9%。

後半に向かいますます上がってゆきそうです。

視聴率は1桁台と相変わらず低空飛行な感じですが、一気にサスペンス色も強くなってきたし、どんどん続きが気になる人も増えていると思います。
惜しまれつつ退場した流星も復活したし、今度は立場が逆転したふたりの対決にまた注目度も上がりそうです。
視聴率はそんなに高くはないと思うものの、スタイリッシュなデスプリンスの再登場に彼のファンは盛り上がりそうです。



ボクの殺意が恋をした7話(次回)のあらすじネタバレ

柊(中川大志)に撃たれそうになった葵(新木優子)は、流星(鈴木伸之)に助けられた。
彼女は、流星を千景(田中みな実)のもとへ連れて行く。
一方の柊は、詩織(水野美紀)から、本物の鳴宮美月の正体を聞かされる。
葵は、兄の武尊(小池徹平)をSOSに殺害され、復讐のために丈一郎(藤木直人)を狙っていたというのだ。葵は、彼女自身の意志でこの計画に加わり、丈一郎を殺していた。
詩織の話を聞いて、ますます混乱する柊。詩織は柊には葵を殺せないと見限り、新しい殺し屋を派遣すると告げる。柊は、今度こそ葵を殺さなければならないと思い詰める。

ー「ボクの殺意が恋をした」公式HPより引用

【まとめ】ボクの殺意が恋をした6話感想とネタバレ

ボクの殺意が恋をしたの6話の感想や視聴率をまとめていきました。

デス・プリンスの恋心は葵に届く?柊は葵を殺すことになるのか?

ちなみに『ボクの殺意が恋をした』の見逃し動画は、Huluで配信中!

Huluには2週間の無料お試し期間があります。

ドラマを見逃した場合でも、Huluの無料トライアル期間中であれば実質“タダ”で動画が楽しめますよ。

過去に放送された日テレ系の国内ドラマや有名バラエティ・豊富な海外ドラマも、もちろん見放題

契約も解約も、どちらも3分で完了します。

\ボクの殺意が恋をしたを見逃しても大丈夫/