ドラマ

漂着者6話あらすじネタバレと感想!ローゼン岸本の正体が明らかに!?

漂着者6話あらすじネタバレと感想

漂着者6話あらすじネタバレと感想

2021年9月3日に放送されるドラマ『漂着者』第6話。

総理大臣まで登場してローゼン岸本はヘミングウェイに何をやらせたいのか⁈

ついにローゼン岸本の正体が明らかになりそうで気になります。

そこでこちらの記事では、ドラマ『漂着者』6話の感想や気になる視聴率・ネタバレあらすじについてご紹介していきます。

\31日以内の解約で0円/

見逃し配信バナー

31日以内の解約で
実質無料

本ページの情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください。

漂着者6話の感想の前にあらすじネタバレ!

柴田刑事(生瀬勝久)は12年前に行方不明となっている自身の娘についてヘミングウェイから言われたことで、ヘミングウェイの力を信じ始めていました。

幼稚園児行方不明事件については、古市琴音やその使用人だちの犯行がわかりましたが、動機等については政府から止められてしまい詳しく調べることができずにいます。

公安からこっそり教えてもらった情報で古市琴音(シシド・カフカ)の自宅にローゼン岸本が出入りしていたという話から『しあわせの鐘の家』について調べていきます。

新谷(白石麻衣)は人々に影響を与えている”ヘミングウェイの祈りの動画”に何か仕掛けがあるのか調べますが何も出てきません。

しかし、専門家によると奇跡をみせて信じ込ませ集団催眠にかけられていると考えることが可能だといい、本物のような奇跡もさくらがいればたやすいとの助言をうけます。

また、ヘミングウェイが流れ着いた岸の近くで聞き込みをすると足首に刺青をした男性の水死体が昔から浜辺に流れ着いていたと聞きます。

柴田刑事たちはローゼン岸本(野間口徹)のところへ事情聴取にいくと琴音はいとこ

だと言われ、詳しい話をしようと県警に連れて行こうとするが、総理大臣の宮部一馬が現れ、それも阻まれてしまいます。

総理との公開討論の前日、ヘミングウェイは新谷の自宅を突然訪れ、2人で朝まで過ごします。

公開討論の場には新谷たち北陸新聞社の人間や柴田刑事等も参加して、その討論を見守ります。

ヘミングウェイに日本の未来の役にはたてないと予言された宮部は、討論中に上から落ちてきたシャンデリアの下敷きとなり亡くなってしまいます。




漂着者6話の感想まとめ!

『漂着者6話』のみなさんの感想をご紹介していきます。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

みんなの感想

女性の口コミ
女性の口コミ
ついには内閣総理大臣までヘミングウェイに関わり亡くなってしまいました。さらに公開討論だったため、ヘミングウェイの予言への注目度は格段に上がってしまうと思います。今回集団催眠という話がでてきましたが、確かに奇跡を信じ込ませようとする流れが出来上がってきてます。あんなに疑っていた新谷や柴田刑事までもが信じそうになっていて、これからどうなっていくのでしょうか。そしてローゼン岸本の正体も一族が預言者様の出現を待っていたことくらいしかわからず、一体黒幕は何なのでしょうか。
女性の口コミ
女性の口コミ
「漂着者」6話の感想は、ローゼン岸本の感情を出さない様子に、その奥に何かドロドロしたものを抱えている感じがして不気味な存在です。
更にそのバッグに外国の大物ともつながっている様子に、今後の展開もどんどん悪い事が多発しそうと思っていたら、まさかの総理の突然の事故死に驚いてしまいました。
更に今回初めてヘミングウェイが未来を変えたとの事に、どんどんその能力が凄いものに思えてきてこれからの展開が楽しみになってきました。

Twitterの反応

漂着者6話の視聴率は?

漂着者1話の視聴率は、深夜ドラマのためビデオリサーチによる発表はありません。

また、「漂着者6話」の視聴率に対して視聴者からは次のような意見も。

※集計:クラウドワークス

翌日のTVerのランキング上位にはいってきていて注目度は高いと思います。最終回が近づくと謎が多いだけにちゃんと物語が終わるのか気になってきます。雲行寺の住職も怪しい感じがしますし、捜査課長も気になり今後どうなるのか予想もつきません。ヘミングウェイ自身操られているのか…続きが早く知りたいです。
ヘミングウェイが未来をも変える能力を持っている事が分かってきて、世間はザワついていそうで、更に注目を集めてきていると思います。



漂着者7話(次回)のあらすじネタバレ!

次回(7話)のあらすじはコチラ

 ヘミングウェイ(斎藤工)と対談していた総理大臣が落下してきたシャンデリアの下敷きになって死亡。ヘミングウェイが死を予言する言葉を叫んだ後に、シャンデリアが落下するという決定的な瞬間の動画が拡散され、世間が騒然となる中、外務大臣の藤沼恵美子(峯村リエ)が総理大臣臨時代理に任命される。

新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)は、上司の橋太(橋本じゅん)に、ヘミングウェイが最初に絵を描いて予言した総理大臣の死は、シャンデリアの落下によるものではなく、“橋らしき人物による殺人”だったと告げる。「ヘミングウェイが未来を変えたってことか?」と笑い飛ばす橋だが、翌日退職届を提出。唐突な決断にがく然とする詠美に、橋は、かつて彼女の父親が収賄事件に巻き込まれた際、「墓場まで持って行く」と言っていた秘密を、どうしても知りたいと思って取材を続けた結果、おぞましい真実、そして憎むべき黒幕を知ってしまったと語り始めるのだが…!?

一方、崖から大勢の人々に見送られて海に飛び込んだという記憶がよみがえったヘミングウェイは、自分が何者なのかを考え続けてきたものの、それだけではすべての記憶は戻らないと気づく。そして、自分の過去を知るというNPO法人『しあわせの鐘の家』の代表・ローゼン岸本(野間口徹)に、「あなたは何者なんですか?」と静かに問い掛ける。すると、それを聞いたローゼンは…?
また、刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)は、ヘミングウェイを一連の事件の容疑者だと疑いながらも、その能力が本物ならば12年前に行方不明になった娘に会わせてほしいと、涙ながらに訴える。

そんな中、再び女児誘拐事件が発生! なんとその被害者は、新潟県警の捜査一課長・佐々木文雄(岩谷健司)の娘だった――。

出典:『漂着者』公式HPより

【まとめ】漂着者6話感想とあらすじネタバレ・視聴率

漂着者6話の感想や視聴率をまとめていきました。

過去の収賄事件に絡んだ、おぞましい真実とはなんだったのでしょうか。

そしてさらに女児誘拐事件が発生、ヘミングウェイの力でまた発見されてしまうのか。

ちなみに、漂着者を見逃しても『U-NEXT』で無料で全話フルで見られますよ。

U-NEXTには31日間の無料お試し期間があります。

ドラマを見逃した場合でも、その無料期間内に解約してしまえば“タダ”で見ることが可能!

月額,2000円と少々お高いのがネックですが、安く使える裏技が。

1家族につき4つのアカウントが作成できるので、家族4人で割れば500円ほどになり、とってもお得です♪

契約も解約も、どちらも3分で終了します。

\漂着者を見逃しても大丈夫/