ドラマ

漂着者8話あらすじネタバレと感想!女児行方不明事件の犯人とは誰?

漂着者8話あらすじネタバレと感想

2021年9月17日に放送されるドラマ『漂着者』第8話。

新谷は佐渡島で一体何を見つけるのか⁈

柴田刑事が気づいた女児行方不明事件の犯人とは誰なのでしょうか。

そこでこちらの記事では、ドラマ『漂着者』8話の感想や気になる視聴率・ネタバレあらすじについてご紹介していきます。

 

漂着者8話の感想の前にあらすじネタバレ!

ヘミングウェイ(斎藤工)はなぜ1400年もの間同じように海へでた者がいたはずなのに、なぜ自分だけがたどり着いたのか不思議に思っていました。

するとローゼン岸本は日本が滅びそうになっているその時だからこそ、預言者様が現れたのですと諭します。

捜査一課長・佐々木(岩谷健司)の娘の誘拐事件の捜査も続いています。

新谷(白石麻衣)はヘミングウェイに予言として描かれた絵にあったトキがいる佐渡島へと調査に向かおうとして、ヘミングウェイの絵と似た看板をかかげる和菓子屋『嘴屋』をみつけます。

柴田刑事(生瀬勝久)達が『嘴屋』を調べると息子に女児のランドセルや下着等の窃盗の前科がある事が判明します。

息子を調べるうちに雲行寺の住職・深見龍之介(リリー・フランキー)への疑いが再浮上しますが決め手にかけて何もできません。

臨時の代理総理大臣となった藤沼恵美子(峯村リエ)からヘミングウェイに某国からの工作員の件で相談の電話がはいり、未来を変えられないか頼まれてしまいます。

柴田刑事たちはヘミングウェイの助言を頼りに『嘴屋』へ戻ると、そこで行方不明となっていた佐々木課長の娘を無事発見。

しかし、『嘴屋』の女将に柴田刑事が刺されてしまいます。




漂着者8話の感想まとめ!

『漂着者8話』のみなさんの感想をご紹介していきます。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

みんなの感想

女性の口コミ
女性の口コミ
ここにきて連続女児殺害事件の犯人に迫ってきました!最初から怪しいとされていた住職の深見が濃厚そうです。それ以外に、某国の工作員が日本に何かを仕掛けようとしていることも判明しました。ヘミングウェイが工作員だったわけではなく、他に工作員が日本にたどり着いていたんですね。新谷との未来をみようとしないヘミングウェイはこの先明るい未来が見えているようにはみえないので良くない事が起こるんでしょうか。ローゼン岸本の考えもいまいちはっきりしませんが、次は最終回。ヘミングウェイいわく「パンドラの箱はあけてしまった」そうなので、次回何かが起こるんでしょうか。謎はちゃんと解決するのか気になります。
女性の口コミ
女性の口コミ
「漂着者」8話の感想は、少女誘拐に関わったのがまさかの嘴屋の女将の様子に、ビックリしてしまいました。
一番怪しいと思った深見住職ではなさそうなのも意外でした。
それと同時に、テロ事件も起こりそうで、泣きながら何かを書くヘミングウェイがこれからどうするのか気になっています。
ローゼン岸本が何もかも知っている感じにヘミングウェイに説明していますが、何だかうさんくさくて第六感とか本当なのかなぁとつい疑って観ています。

Twitterの反応

漂着者8話の視聴率は?

漂着者8話の視聴率は、深夜ドラマのためビデオリサーチによる発表はありません。

また、「漂着者8話」の視聴率に対して視聴者からは次のような意見も。

まだ伏線が回収されていないので色んな推理がでています。最終回、スッキリと終わることができるのか、視聴率は高くなると思います。
漂着者やローゼン岸本らはいったい何者なのか、最後はどのような終わり方をするのかがまだ見通しが立たずで、最後にどんな着地をするのかは気になっている人が多そうに思います。



漂着者9話(次回)のあらすじネタバレ!

次回(9話)のあらすじはコチラ

 和菓子店『嘴屋(くちばしや)』の大女将・関川ふみに刺された刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)が、病院に緊急搬送される。しかし、傷がかなり深く危険な状態で…。ペアを組む部下・野間健太(戸塚純貴)や新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)は、柴田の無事を祈り続ける。

その頃、新潟県警では捜査一課長・佐々木文雄(岩谷健司)が、ふみの取り調べをしていた。のらりくらりと追及をかわすふみだが、もう一人の共犯者について話が及んだ途端、すべての女児連続誘拐殺人事件は自分が起こしたと自供し始める。また、柴田を刺した理由について問われると、雲行寺の住職・深見龍之介(リリー・フランキー)のことを悪く言ったからだと、うっとりした表情を浮かべて…?

一方、総理大臣臨時代理・藤沼恵美子(峯村リエ)は、大規模テロを企てている某国の工作員を特定。公安が監視を続ける中、ヘミングウェイ(斎藤工)に“未来を選ぶ能力”で、日本を危機から救ってほしいと懇願する。NPO法人『しあわせの鐘の家』の代表・ローゼン岸本(野間口徹)らが、彼が描く未来について密かに準備を進める中、ヘミングウェイは、未来を変えようと一心不乱に絵を描き続けるのだが…!? そんな彼の姿を見た詠美は、日本が滅亡の危機に瀕していること、彼が違う未来を描こうとしていることを知る。そして、どうしても“もう一つの未来”のイメージが湧いてこないと嘆くヘミングウェイを、そっと抱き締めて…?

そんな中、ヘミングウェイが“預言者”に正式就任する“最初の鐘を鳴らす日”がやってくる――。
はたして、ヘミングウェイは日本を救うことができるのか…? そして、彼が選んだ未来とは…?
いよいよ最終回! あなたは衝撃の結末を目撃する――。

出典:『漂着者』公式HPより

【まとめ】漂着者8話感想とあらすじネタバレ・視聴率

漂着者8話の感想や視聴率をまとめていきました。

ローゼン岸本は預言者様の覚醒のためにいろいろ準備してきたようですが、そこまでして預言者様がしなくてはならない役割とは何なのでしょうか。

新谷とヘミングウェイの関係はどうなるのか。最終回も気になることばかりです。

ちなみに、漂着者を見逃しても『U-NEXT』で無料で全話フルで見られますよ。

U-NEXTには31日間の無料お試し期間があります。

ドラマを見逃した場合でも、その無料期間内に解約してしまえば“タダ”で見ることが可能!

月額,2000円と少々お高いのがネックですが、安く使える裏技が。

1家族につき4つのアカウントが作成できるので、家族4人で割れば500円ほどになり、とってもお得です♪

契約も解約も、どちらも3分で終了します。

\漂着者を見逃しても大丈夫/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください。