アイドル・歌手

INIとBE:FIRSTを徹底比較!人気で売れるグループはどっち?ファンの声を元に独自に調査してみた

INIとBE:FIRSTを徹底比較!人気で売れるグループはどっち?ファンの声を元に独自に調査してみた

昨今、多くのオーディション番組から新たなグループが誕生しています。

その中でも、これから活躍が期待出来るINIとBE:FIRSTに注目してみました。

なんとこの2組、同じ日にデビューCDを発売することが決定しています!

それだけでも比較されそうですが、他にもINIとは、BE:FIRSTとはどんなグループなのか、気になる方がたくさんいらっしゃると思います。

そこで今回はINIとBE:FIRSTの違いや人気などを比較してみました!

 

INIとBE:FIRSTってどんなグループ?

簡単に紹介!INIのプロフィール

INIは「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」というオーディション番組で、101人の中から選ばれた11人の男性グループです。

第1弾で誕生したボーイズグループJO1の弟分に当たります。

視聴者からの投票でメンバーが決められ、1位の木村柾哉さんを筆頭に、

  • 髙塚大夢さん
  • 田島将吾さん
  • 藤牧京介さん
  • 尾崎匠海さん
  • 西洸人さん
  • 松田迅さん
  • 許豊凡さん
  • 池崎理人さん
  • 佐野雄大さん
  • 後藤威尊さん

が選ばれました。

簡単に紹介!BE:FIRSTのプロフィール

BE:FIRSTはAAAのSKY-HIさんが自ら出資して開催した、世界に通用するグループを作るために始めたオーディションで、日本テレビ系の「スッキリ」内でも特集が組まれていました。

メンバーは、

  • ジュノンさん
  • レオさん
  • リョウキさん
  • ソウタさん
  • マナトさん
  • シュントさん
  • リュウヘイさん

以上の7人です。

SKYーHIさんは最後のメンバーを選ぶときには順位はつけませんでした。




INIとBE:FIRSTを徹底比較!人気で売れるのはどっち?

結論:現時点では判断しづらい

INIは2021年6月13日の順位発表により結成されました。

また、BE:FIRSTも2021年8月13日に誕生したばかりです。

ファンの皆さんもCDデビュー日の重なりでやきもきしているようですが、どちらもまだ若いグループなので、どちらが売れるかはまだまだこれからだと思います。

現時点ではどちらも人気上昇中なのではっきりしませんが、着実に力をつけてこれから多くのファンを獲得し、たくさんの音楽番組などに出演していただきたいです!

テレビ露出の多さ

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれのテレビ露出の多さをチェックしてみました!

INIはフジテレビ系「めざましテレビ」などでよく取り上げられています。

結成されたばかりの2021年6月19日には「王様のブランチ」にも出演していました。

ただ、それほどまだ多くのテレビ出演はしていないようです。

BE:FIRSTは日本テレビ系「スッキリ」内で、オーディションの時点からかなり放送されていました。

最終メンバー決定の後、番組内でも生歌パフォーマンス披露をし、スッキリの2021年9月のエンディングテーマにもなっています。

また、日本テレビ「バズリズム」やテレビ東京「プレミアMelodiX!」などでも出演しています。

BE:FIRSTの方がテレビで目にする機会は多いように思いますが、デビューが決まったことで、どちらもこれからメディア出演は増えていきそうですね。(2021/09/22時点)

バラエティ力

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれのバラエティ力をチェックしてみました!

INIはメンバー全員元気で明るい人ばかりのようで、ファンの間ではすでにバラエティへの期待が高まっているようです。

YouTubeに上げられているINIクラスでは、自己紹介やゲームの最中などずっと楽しそうで、メンバーの陽気でかわいい姿をたくさん見ることが出来ます。

BE:FIRSTも苦労を共にしたメンバー同士なので、カメラの前で話すのは緊張するけれど、メンバー間で話しているときはリラックスして見えます。

また、レオさんは陽気でみんなをまとめている感じがするので、バラエティでも率先して話してくれるのではないでしょうか。

ビジュアル

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれのビジュアルをチェックしてみました!

INIは全員ビジュアルが良いと評判でした。

それぞれにしっかりとファンがついているし、箱押ししている人も多いと思います。

BE:FIRSTでは、ビジュアル人気はジュノンさんが高いようです。

また、リョウキさん、マナトさんもビジュアル人気があります。

リュウヘイさんはなんとまだ14歳ですが、とても色気があります!

どちらのグループもビジュアルの良い方が多いですが、合格された皆さんはパフォーマンス中は全員が輝いていると思います。

歌とダンスパフォーマンス

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれの歌とダンスパフォーマンスをチェックしてみました!

INIで歌が上手いのが藤牧京介さん。

過去にもバンドのボーカルを務めていました。

尾崎匠海さんや高塚大夢さんも上手だと言われていますし、全体的にも歌唱力が高いです。

ダンススキルが高いと言われているのが田島将吾さんや西洸人さんです。

BE:FIRSTもみんな歌唱力がありますが、その中でも、SKY-HYさんに声を褒められていたのがソウタさん。

リュウヘイさんもグループ最年少ながらとても高い歌唱力を披露しています。

ダンスでは、世界大会優勝の経験があるソウタさんがとても上手です。




INIとBE:FIRSTはどっちが人気?数値で比較

Youtube再生回数

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれのYouTube再生回数をチェックしました!(2021/09/22時点)

INIはまだ正式に曲のupはしていませんが、2021年9月18日に公開された’Brightr’Official Teaserは、4日で126万回再生となっています。

もう1曲の’Rocketeer’Official Teaserも125万回を超えていました。

現在、デビューシングルタイトル曲を決めるために、この2曲で投票が行われています。(投票期間:2021年9月18日~24日)

BE:FIRSTではプレデビュー曲が8月16日に公開され、なんとその再生回数は1486万回でした!

YouTube再生回数だとBE:FIRSTが圧倒的に多いですね。

やはりオーディションの最中からテレビ露出度が高かったので、音楽を耳にして気になった方がたくさんいたようです。

Youtubeチャンネル登録者数

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれのYouTubeチャンネル登録者数をチェックしました!(2021/09/22時点)

INIのチャンネル登録数は23.2万人で、オフィシャルの映像は全14本で828万回再生となっていました。

BE:FIRSTは登録者数31.4万人を超えました。

公式サイトでは7本の動画が上がっています。

YouTube登録者数でもBE:FIRSTの方が上回っていました!

BE:FIRSTはすでに1曲通して聴けることもありますし、ここでもテレビでの影響は大きいかも知れませんね。

どちらもパフォーマンス以外の映像も公開されているので、メンバーの個性などを見たいときにはそちらもチェックすると楽しいと思います。

インスタハッシュタグ数

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、インスタハッシュタグ数をチェックしました!(2021/09/22時点)

INIのハッシュタグ数は49.2万人、とても多いですね!

BE:FIRSTのハッシュタグ数は14.8万人でした。

どちらもたくさんの投稿が寄せられていましたが、特にINIが大きく上回っていますね。

INIにはすでに固定のファンが多くついているようです。

ちなみにINIの公式のインスタフォロワー数は29.2万人、BE:FIRSTは32万人でした。

フォロワー数だけだとBE:FIRSTがINIを抜いています。

やはりBE:FIRSTは認知度が高いので、まずは登録をした方が多かったのではないでしょうか。

どちらも、まだまだこれから増えていきそうですね。




Google検索ヒット数

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、それぞれのGoogle検索ヒット数をチェックしました!(2021/09/22時点)

すると、INIだけで3億2千万件を超えてヒットしました。

ただ、INIだけだと関係ないことも含まれてしまうので、検索ワード上位のINI オフィシャル で検索したところ、8160万でした。

同じくBE:FIRSTも調べたところ、25億以上のヒットが・・・多分、関係ないことも入っているので、こちらもワードを絞ってみました。

すると、BE:FIRST debut で1億2千万、BE:FIRST single では7億5千万のヒット数でした!

どうやら、検索数ではBE:FIRSTが多いようです。

BE:FIRSTはテレビなどのメディアで目にして気になった方が、一斉に調べてみた結果だと思います。

ツイート数

INIとBE:FIRSTの人気度を調査するために、Twitterのツイート数をチェックしました!(2021/09/22時点)

INIは2021年6月にTwitterを始めています。

フォロワー数は31万8千人を超えていました!

Twitterもたくさん活用されているようです。

BE:FIRSTは2021年7月からTwitterを開始しています。

フォロワー数は16万7千人を超えていました!

フォロワー数がBE:FIRSTよりINIの方が倍近く多いようです!

INIにはすでに固定のファンの方がたくさんいらっしゃるようですね。




BE:FIRSTがJO1やNiziUよりも注目される理由は?

まだ活動を始めたばかりのBE:FIRSTですが、YouTubeの再生回数などを考えると期待も高いことが分かります。

最近ではJO1やNiziUよりも注目度が上がっている気がします。

違いはどこにあるのか考えました。

まず上記2組はK-POPの流れを組んでいて、BE:FIRSTはやはりSKYーHIさんが立ち上げた、日本発信のグループを作ろうとしているところにもあるかも知れません。

SKYーHIさんはこの10年ほどでK-POPとの差を感じていること、また、日本の音楽を世界に向けて発信したいことなどをテレビ番組の「スッキリ」内でも語っていました。

また、スッキリでNiziUの後に始まったことから2番煎じではないかという意見もあったと思いますが、彼らの熱意や努力がそのような意見を超えていったと思います。

この日本初、本格的なグローバルグループというところが、他のグループより更なる注目を集めているのではないでしょうか。

INIとBE:FIRSTは虹プロ2やなにわ男子とも比較される?

今回、INIとBE:FIRSTは2021年11月5日にデビューすることが決まっています。

2組だけでもライバルになりそうなのに、さらに2021年11月12日はジャニーズファン待望のなにわ男子がデビューすることが決まっているのです。

ジャニーズはデビュー前から固定ファンも多く、メディア露出も盛んに行っていますので、同時期デビューはどうしても比較されてしまうと思います。

メディアでは色々と騒がれてしまうかも知れませんが、それぞれのファンの方も、全てのグループを応援している方も、温かく見守っています!

また、2021年11月より虹プロジェクト第2弾となるボーイズグループオーディションが始まります。

虹プロはBE:FIRST以前にスッキリ内で放送され、大人気となりました。

その男性版ということで、また注目を集めるかも知れません。

ただ、現時点ではまだ放送もされてないので、あまり比較対象にはならない気がします。




INIとBE:FIRSTの比較結果まとめ

今回はINIとBE:FIRSTを色々な角度から比較したので、その結果をまとめてみました。

INIはインスタハッシュタグ数やツイート数などがBE:FIRSTよりも多く、すでに根強いファンが多いことが分かります。

BE:FIRSTはYouTube再生回数や登録者数、Google検索数など、すぐに調べられるツールを利用している人数が多く、幅広く検索されていることが分かります。

どうやら認知度ではBE:FIRSTが高いようです。

一方で、INIが幅広い世代に有名になるのはまだこれからのようですが、常に応援してくれるファンの方々をしっかりと増やしているようです。

まだどちらが人気になるかは分かりませんが、2グループとも可能性を秘めた素敵なグループだということが分かりました。

過酷なオーディションを乗り越えて今も力をつけ続けているグループです。

デビュー日は重なりますが、どちらのファンにとっても喜ばしい日になると思います。

お互いに切磋琢磨して、どちらも世界に通用するグループになってほしいです!

\🌟INI関連コンテンツはこちら/

最新|INIのメンバー人気順ランキング!最終順位から大逆転の結果がコレ!
最新|INIのメンバー人気順ランキング!最終順位から大逆転の結果がコレ!最新|INIのメンバー人気順ランキング徹底解剖! ファンからの投票数が多い11人が、晴れてINI(アイエヌアイ)としてデビューが決...
INIメンバーの大学や高校の学歴まとめ!頭がいい人とおバカさんは誰?
INIメンバーの大学や高校の学歴まとめ!頭がいい人とおバカさんは誰? 個性豊かなJO1の弟分グループ・INI(アイエヌアイ)! 今後ネプリーグなどにも出演することが期待されますね。 そこ...