ドラマ

女王の法医学の原作ネタバレ!あらすじ最終回結末&原作との違いを徹底調査!

女王の法医学の原作ネタバレ!あらすじ最終回結末&原作との違いを徹底調査!

2021年5月31日に放送される2時間ドラマ『女王の法医学〜屍活師〜』。

原作は、杜野亜希先生の漫画『屍活師 女王の法医学』を元に製作されています。

“女王”こと仲間由紀恵さんと”ワンコ”こと松村北斗さんがバディを組み、死者の死因の真相を追求していく…という法医学ドラマです。

原作となる漫画では、一体どんな最終回を迎えるのでしょう?

そこでコチラの記事では『女王の法医学の原作ネタバレ!あらすじ最終回結末&原作との違い』と題して、『女王の法医学』の原作情報を一挙ご紹介していきます!

女王の法医学の原作は?

原作は漫画

ドラマ『女王の法医学〜屍活師〜』の原作は、漫画『屍活師 女王の法医学』です。

ドラマと漫画では、タイトルが逆になってるんですね。

作者 杜野亜希(もりの・あき)
掲載誌 BE・LOVE
監督 河野圭太
出版社  講談社

原作者の杜野亜希先生は、主にミステリーものや恋愛漫画を多く出版しています。

特にミステリー系を得意としており、代表作は以下の通りです⬇︎

  • 『神林&キリカシリーズ』
  • 『Dの女』
  • 『碧のミレニアム』

過去にもドラマ化されていた!

実は原作の『屍活師 女王の法医学』は、2013年に一度ドラマ化されていたことがあったのです!

しかも、主演は松下奈緒さんと関ジャニ∞の横山裕さん。

2021年のドラマでは、横山裕さんの役柄をSixTONESの松村北斗さんが演じるという胸熱展展開!!

ファンにとっては堪らないキャスティングですし、横山裕さん出演のドラマとの違いも気になるところ。

では、早速原作のネタバレやあらすじ、最終回結末を見ていきましょう!





女王の法医学の原作ネタバレ!あらすじは?

原作のあらすじ

原作漫画『屍活師 女王の法医学』のあらすじがコチラ⬇︎

法医学教室に研修医として配属された、臨床医学医の医学生・犬飼一(いぬかいはじめ)

しかし犬飼は死体には興味がなく、医学の中でも法医学が最も関心のない分野だったのです。

本意ではない法医学教室への配属に渋々了承した犬飼でしたが、そこでの准教授・桐山ユキとの出会いが物語を大きく変えていきます。

桐山ユキは、法医学教室では”女王様”と呼ばれている変わり者でした。

しかし、法医学者としての腕前はピカイチ!

その洗練された技術で、物言わぬ遺体の死因を次々と解き明かしていきます。

その研ぎ澄まされた集中力に思わず引き込まれた犬飼は、遺体から謎のビジョンが浮かんでいるのが見えていまい…!?

女王様の准教授に”ワンコ”と名付けられた犬飼が見せる桐山とのバディがなんとも痛快で面白い展開となっています!

新感覚のミステリードラマです。

2013年放送ドラマのあらすじ

ちなみに、2013年放送の松下奈緒さん・横山裕さん主演のドラマは…?

あらすじがコチラ⬇︎

神奈川中央大学医学部法医学教室・准教授の桐山ユキ(松下奈緒)が徹夜明けでいると埠頭で水死体が発見されたとの連絡が入る。
現場には東部署刑事の村上衛(松重豊)の姿が。
発見された笠井和磨(笠原秀幸)の死因は溺死で事件性は低いとみる警察。

医学部4年の犬飼一(横山裕・関ジャニ∞)は、外科の臨床医になるつもりが、成績順で外科の定員から漏れてしまいユキのもとへとやってきた。
犬飼は、ユキに臨床のコースへの変更を頼もうとするが、早速和磨の解剖の手伝いを命じられる。しかもあだ名をワンコと付けられ…。

早速ユキは、水死体で発見されたのに気管内に水がたまっていないことに気づく。
死因は溺死ではなかったのだ。
そこへもう1体の遺体が運ばれてきた。
誘拐犯の遺体で、逃走中に転落死し、誘拐された子どもの手がかりがなくなってしまっていた。

ユキは和磨の解剖を中断。
緊急で誘拐犯の解剖に取りかかり、なんと解剖で誘拐犯がいた場所を特定し、子どもは無事保護された。
法医学が尊い命を救った瞬間だった。

再び和磨の遺体解剖へとりかかるユキ、死因は絞殺によるものと断定。
その後の調べで6年前、和磨は大学時代の同級生・鈴原美弥子(松山愛里)を殺害し、3日前に刑務所から出てきていたことが判明。

そして出所後、同じく同級生の遠山俊平(柏原収史)に連絡をした疑いが。
村上は遠山と当時の和磨をよく知る白木田稔(風間杜夫)教授に会いに向かったのだが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/130927kinpre/

松下奈緒さんに「わんこ!」と呼ばれる横山裕さんがとにかく可愛いドラマでしたね。

ファンとしては連ドラ化が惜しまれた作品だったので、こうして8年の月日が経って後輩に役が引き継がれるのはなんだか感慨深いです。。

また原作の『屍活師 女王の法医学』は、18巻で最終回を迎えています。

次からは最終回のネタバレをご紹介していきます!





女王の法医学の原作ネタバレ!最終回結末は?

原作『屍活師 女王の法医学』の最終回のネタバレがコチラ⬇︎

法医学教室の女王様として、ワンコ(犬飼一)とタッグを組んでいた桐山ユキ。

しかしある日、桐山が脳外科の方へ戻るかもしれないという噂が広がっていました。


そんな噂に心がかき乱される犬飼をよそに、強豪高校バレー部の生徒の遺体が法医学教室に運び込まれます。

階段から転落した際に頭を強く打ってしまい、亡くなったというバレー部の生徒。

しかし、桐山の解剖により、生徒の傷跡が二つあり、傷に時間差があることが発覚。

階段から落ちた際の傷以外にも、何かに強く殴打したような傷跡があったのです。


それをバレー部顧問に問いただすと「わからない」と言われます。

しかし勇気を持った部員のひとりが、生徒は「監督から暴力を受けていた」と告白。

亡くなった生徒は、階段から落下する直前ですでに理不尽な暴力の末に、瀕死の状態だったことが分かりました。


後日、法医学教室へバレー部の生徒から感謝の気持ちとして手作りおにぎりが届けられます。

それ一緒に食べる桐山と犬飼。

その後、桐山は「法医学は辞めない」と犬飼に伝えます。


そして、ラストの名言。

「いつが私が死んだ時には、私の体ワンコに解剖させてあげるよ」

と、桐山は犬飼へ微笑みかけたのです。


そうして2人は、これからも一緒に法医学のバディを組んでいくのでした・・・

最終回では、現代の問題にもなっている運動部のいきすぎた指導や練習量による生徒の過労による死が題材とされ、非常に重いテーマとなっていました。

ただ最後には、桐山ユキの

「いつが私が死んだ時には、私の体ワンコに解剖させてあげるよ」

という言葉。

 

これはつまり「死ぬまでずっと一緒」だという、桐山なりの無自覚なプロポーズだったのかも…??

犬飼一はまだ大学の研修生で、かたや桐山ユキは法医学のスペシャリスト。

そんな立場的にも年齢的にもギャップのある2人なので、いつか医者として一人前となった犬飼一がどう桐山に向き合っていくのか?

読者の想像を掻き立てる、非常に素敵な結末で幕を閉じました。





女王の法医学のドラマと原作との違いは?

では原作と2021年放送のドラマ『女王の法医学〜屍活師〜』では、どんな違いがあるのでしょうか?

ドラマは2時間SPの単発なので、全18巻の原作とはまた違った展開・結末を迎えるはずですね。

ドラマ情報が解禁された2021年4月時点では、ドラマがどんな展開を迎えていくのか?

今のところ原作との違いは明らかにされておりません。

キャラクターやあらすじなどは、原作と同じなようです。

ちなみに、女王様こと桐山ユキを演じる仲間由紀恵さんは、もともと原作を読んでいたファン

そのため桐山のミステリアスで天才型の演技を迫真もって挑んでくれそうで楽しみですね^^

一方で松村北斗さんも、朝ドラや連ドラ出演をバンバンこなしている、ジャニーズの中でも大注目の演者さんです。

脚本は「ドクターX」シリーズの香坂隆史さんが務めるとのことで、原作の魅力をそのままに、素敵な作品が出来上がりそう!

今から楽しみですね(*^^*)

ドラマを無料で視聴する場合はコチラ⬇︎

女王の法医学~屍活師~見逃し配信動画の無料フル視聴方法は?再放送予定も紹介!
女王の法医学~屍活師~見逃し配信動画の無料フル視聴方法は?再放送予定も紹介!2021年5月31日放送のスペシャルするドラマ『女王の法医学~屍活師~』。 SixTONESの松村北斗さん演じる"わんこ"と、天才...