ドラマ

准教授・高槻彰良の推察の2話感想やネタバレ!藁人形の呪いの在処に迫る!

准教授・高槻彰良の推察の2話感想やネタバレ!藁人形の呪いの在処に迫る!

准教授・高槻彰良の推察の2話感想やネタバレ!

2021年8月14日に放送されるドラマ『准教授・高槻彰良の推察』第2話。

わら人形の呪いは本当にあるのか。

助手となった尚哉の活躍に期待が高まります!

そこでこちらの記事では、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』の2話の感想や気になる視聴率についてご紹介していきます。

ねこまる
ねこまる
目次をクリックして読みたい場所までとんでね

准教授・高槻彰良の推察の2話感想の前にあらすじネタバレ!

青話大学陸上部にはスポーツ推薦ではいった期待の新入生・山崎綾音(山田杏奈)が在籍しています。しかし最近記録が伸び悩んでおり心配した姉の琴子(金澤美穂)は仕事を早退して練習を見に来ています。綾音の靴に針が入っているのに気付いた姉は、他の部員のいやがらせかと思いますが、その後たくさんの針が刺さったわら人形を見つけ呪いではないかと疑います。

深町尚哉(神宮寺勇太)は前回こっくりさん事件でお世話になったお礼を准教授・高槻彰良(伊野尾慧)に伝えに行きます。高槻はアルバイトを探している尚哉に自分の助手をしてくれないかと持ち掛けます。

高槻のもとに琴子が呪いの相談にやってきます。綾音への呪いのようなものがはじまったのは、先日タオルに針がはいっていた時からだと琴子は言います。その時の針はマネージャーが誤って残してしまったものできちんと謝罪をされたそうですが、そこから綾音の不調が続いているようです。”わら人形の呪い”に興味をもった高槻は調査をはじめ、綾音への聞き込みは尚哉に任せます。

人とあまり関わってこなかった尚哉は人から話を聞き出せるのかどうか不安に思いながらも、アルバイト情報をみている綾音にどうにか話しかけます。話を聞き出すのに案の定苦戦していると、そこに同級生の難波要一(須賀健太)が通りかかり杏奈の家はひとり親家庭で姉が必死に働いて家計を支えている事や最近記録も伸びなくて悩んでいるということを聞き出してくれます。尚哉は「記録が伸びなくて悩んでいる」という言葉が嘘なことに気が付きます。

陸上部のメンバーとご飯を食べていた綾音のご飯に針が入っていたり、針が沢山刺さったわら人形がまた見つかります。

高槻らは陸上部のメンバーに聞き込みをしますが、嫉妬や妬みはあるけれど針を入れたりしていないというのは嘘ではないとわかります。そして琴子が元は選手だったが、家庭の事情で大学進学を諦め今は綾音をサポートしているということを知ります。

高槻は調査の結果、今回は怪異事件ではないと見抜きます。わら人形で人を呪うには五寸釘を使用しますが、今回みつかったのは針が刺さったわら人形なので呪いではないと考えます。そして針を仕込んだり、わら人形を用意したのは今の状態から逃げ出したい綾音が自らやっていることだと言います。綾音は姉の献身的な姿勢にさらに追い詰められていたと告白し、姉も自分が妹を追い込んでいたことに気が付き2人は和解します。

姉妹は「お姉ちゃんにはこれからも応援してほしい」「もちろん ずっと応援する」と言葉を掛け合いますが、その言葉が嘘なことに気付いた尚哉はまた失望してしまいます。しかし高槻は嘘だからといって失望することはないと言います。綾音はお姉さんのプレッシャーをはねのける決意ができたし、妹に干渉するのをやめるという琴子の気持ちが嘘にこめられていると解釈すればいいと話します。高槻は現象と解釈の仕方で人に対していつも失望することはないと尚哉に伝えます。そして改めて助手に誘い、嘘が分かるからではなく怪異に興奮して常識がなくなってしまったり方向音痴な高槻のフォローをお願いすると尚哉も了承します。

尚哉は鳥が飛ぶ様子に驚いた高槻の目の色が一瞬変わったことに気付きます。そしてその様子を陰から写真に撮っている怪しげな男の姿が。




准教授・高槻彰良の推察の2話の感想まとめ!

『准教授・高槻彰良の推察の2話』のみんなの感想をご紹介していきます。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

みんなの感想

女性の口コミ
女性の口コミ
高槻と尚哉の距離が縮まって相棒感でてきて今後にさらに期待です。人に失望することが多かった尚哉も高槻の嘘のない言葉たちに安心しているのかなと思います。古書店の佐々倉花江(和泉ちぬ)や健司(吉沢悠)とも食事を一緒にしたりして、その温かい雰囲気に尚哉の孤独が癒されていくといいなと思います。
女性の口コミ
女性の口コミ
怪異事件の調査に一度見たものを記憶している高槻の能力がでてきますが、この能力もすごいです。しかし忘れたくても忘れられないというのは辛いことでもあると思うので高槻も思い悩むところがあるのではないかと思います。この能力は生まれつきではなく、12歳の時からということで、ここにも何か事件がありそうで今後が楽しみです。
女性の口コミ
女性の口コミ
「准教授・高槻彰良の推察」2話の感想は、いつも他者の嘘に傷ついている尚哉に、嘘の中には相手を思いやる優しい嘘もあると思うので、いちいち嫌がっていなくても良いのになぁと思って観ていたら、ついに最後に高槻から似たような言葉が尚哉に言っていたので、とても共感できました。
古い物語を引用していく所が、面白く感じています。

Twitterの反応

准教授・高槻彰良の推察の2話の視聴率は?

准教授・高槻彰良の推察2話の視聴率は、深夜ドラマのためビデオリサーチからは公表されません。

ただ、2話放送翌日のTverのランキングを見ると…准教授・高槻彰良の推察の順位は17位でした。

また、「准教授・高槻彰良の推察」の視聴率に対して視聴者からは次のような意見も。

※集計:クラウドワークス

原作からの再現度が高い衣装やマグカップなど小物類にも注目です。高槻を演じている伊野尾さんの可愛さと色気が溢れているのでファンならずとも必見だと思います。
伊野尾慧くんの准教授・高槻彰良役をどうとらえるかで、このドラマの好き嫌いが別れそうに思います。
私はその雰囲気と異界の話とか気に入っていますが。

准教授・高槻彰良の推察の3話のあらすじネタバレ!

准教授・高槻彰良の推察の次回3話のあらすじがコチラ↓

ネットに上げられた一本の動画。何者かが、とある村の洞窟に入っていく。暗がりの中、古ぼけた祠に打ち付けられる金づち。次の瞬間、獣のような雄たけびが洞窟内に響き渡り、カメラが地面にたたき落される。動画には謎の声が残されていた。

『全部、鬼のせいだ――』

高槻(伊野尾慧)もとに調査の依頼が入る。動画の洞窟がある村役場が、動画のせいで問い合わせが殺到し困っているというのだ。尚哉(神宮寺勇太)に動画を見てもらった高槻は謎の声が歪んでいないことを知り喜ぶ。

「この動画は本物なんだね。素晴らしい!」

早速、尚哉、瑠衣子(岡田結実)とともに村を訪れる高槻。そこには、かつて村を襲った鬼を退治したという伝説が残されていた。役場の職員・山村肇(冨田佳輔)の案内で村を見て回る中、洞窟で彼らが目にしたのは額に穴が開いた髑髏だった。村には鬼を退治したという一族の末裔が住んでいた。毛皮を羽織り猟銃を手にした異様な姿の老人・鬼頭(久保酎吉)。そしてその後ろで無表情に赤子を抱いた鬼頭の息子の妻・実和子(奥村佳恵)。高槻たちは実和子にいざなわれ鬼を守る家に足を踏み入れる。そんな中、尚哉は高槻の背中に”あるもの”を見てしまう。尚哉の反応に気付いた佐々倉(吉沢悠)は尚哉を鋭く睨みつけ―

出典:『准教授・高槻彰良の推察』公式HPより

次回の怪異事件はついに鬼がでてくるのか⁈




【まとめ】准教授・高槻彰良の推察の2話感想とあらすじネタバレ・視聴率

准教授・高槻彰良の推察の2話の感想や視聴率をまとめていきました。

高槻の背中にある”あるもの”とは一体何なのでしょうか。

村では何が起こっていて、鬼の正体についてどんな結末がまっているのか気になります。

ねこまる
ねこまる
ちなみに『准教授…』を見逃してもFODで無料で全話フルで見られるよっ

FODには2週間の無料お試し期間があります。

ドラマを見逃した場合でも、FODの無料トライアル期間中であれば実質“タダ”で動画が楽しめます。

過去に放送されたフジテレビ系列のドラマももちろん見放題!

大人の土ドラの前枠に放送された『#コールドゲーム』もFODで配信中です。

FODは契約も解約も、どちらも3分で完了します。

\准教授…を見逃しても大丈夫/