ドラマ

准教授・高槻彰良の推察の6話感想やネタバレ!図書館の都市伝説の真相は?

准教授・高槻彰良の推察の6話感想やネタバレ

准教授・高槻彰良の推察の6話感想やネタバレ!

2021年9月11日に放送されるドラマ『准教授・高槻彰良の推察』第6話。

次回の怪異は図書館の都市伝説⁈暗号は無事解けるのでしょうか。

彰良の過去の事件を知ってしまった尚哉と彰良の関係はどうなる?

そこでこちらの記事では、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』の6話の感想や気になる視聴率についてご紹介していきます。

【FODなら准教授・高槻彰良の推察が無料で見られます】

無料トライアルに登録すれば、
1話から最新話まで見放題♪

見逃し動画を無料で見る方法↓↓
>>詳細はこちら

准教授・高槻彰良の推察の6話感想の前にあらすじネタバレ!

尚哉(神宮寺勇太)は先日高槻(伊野尾慧)といた時に話しかけてきた高槻の過去を知るらしい女性の「天狗」という言葉が気にかかっていました。

そこに難波から彼女の妹の友達が、図書館のマリエさんの呪いにかかったかもしれないという話がはいってきます。

暗号を解かないと3日間後に呪われてしまうといい興味を持った高槻たちはさっそく図書館に調査に出向きます。

呪いについての話も学生たちに聞いてみると、内容は様々で暗号を解かないと呪われて3日後に死ぬ、3日以内に暗号を忘れないとマリエさんに殺されてしまうというものまであります。

さっそく本に残されていた暗号から、次々に暗号が書かれた本を見つけていきます。

さらにその図書館近くで数年前に妊婦をかばった女子高校生が事故でなくなるという事が起きていたことも判明、その女子高生の名前がマリエさんでした。

調べていくうちに、図書館の司書のなかにマリエさんと関わりのあった人物がいたこともわかり、マリエさんの話や本の暗号についても聞くことができます。

呪いにかかったかもと相談してきた子も実はマリエさんと繋がりがあったことがわかり、呪われることなく解決します。

後日、瑠衣子(岡田結実)は高槻のサプライズ誕生日パーティーを開催。

トイレに行くため廊下に出た尚哉は高槻と父親の秘書が話しているところに遭遇、さらに高槻の目が青く光っているのも目撃してしまいます。




准教授・高槻彰良の推察の6話の感想まとめ!

『准教授・高槻彰良の推察の6話』のみんなの感想をご紹介していきます。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

女性の口コミ
女性の口コミ
今回は”図書館のマリエさん”という都市伝説みたいな怪異のお話でした。ちょっとした都市伝説とか学校の怪談とか周りで聞いたりしますよね。トイレの花子さんとかも実は昔に噂のもととなる何かがあったのかも。暗号を解いていくときは何があるのかとワクワクしました!高槻の超記憶力も大活躍です。”図書館のマリエさん”には彼女を忘れて欲しくないと思う親友の心と高校生の恋がつまっていて、亡くなってしまったけれど優しい彼女のことを都市伝説として語り継いでいくのもいいのかなと思う結末でした。

尚哉は高槻の子供の頃に起こった、鞍馬での行方不明事件の新聞記事を見つけてしまいました。この行方不明事件が高槻の能力や背中のアザ、目が青く光ることにも関係してそうですよね。この謎がいつ明かされるのか楽しみです。

女性の口コミ
女性の口コミ
「准教授・高槻彰良の推察」6話の感想は、黄色いワンピースの幽霊の話だと思っていましたが、真実は真逆でマリエと美弥とが過去に繋がっていたのも意外で、マリエと彼との可愛い物語だったのも素敵でした。
また、高槻の子供の頃に誘拐されて何か「力」を得た様子に、ますます高槻が鞍馬でどんな事を経験して、どんな能力を持っているのか気になっています。

Twitterの反応

准教授・高槻彰良の推察の6話の視聴率は?

准教授・高槻彰良の推察6話の視聴率は、深夜ドラマのためビデオリサーチからは公表されません。

ただ、6話放送翌日のTverのランキングを見ると…准教授・高槻彰良の推察の順位は2位でした。

また、「准教授・高槻彰良の推察」の視聴率に対して視聴者からは次のような意見も。

※集計:クラウドワークス

ますます高槻と尚哉のバディの結束が強くなっているので、2人が次はそんな怪異を解決するのか楽しみです。ランキングもあがってきているので注目度はさらにあがると思います。毎回怪異の相談者として色んなゲストが登場するので、次はどんなゲストがくるのかも楽しみです。
高槻の過去の秘密が、尚哉がスクラップブックをみた事がきっかけでどんどん具体的に分かってきているので、更に話題となり盛り上がっていそうです。

准教授・高槻彰良の推察の7話のあらすじネタバレ!

准教授・高槻彰良の推察の次回7話のあらすじがコチラ↓

千葉県警記者クラブ所属の記者・畑中(森永悠希)、村田(西村直人)、林(大水洋介/ラバーガール)、大野(大朏岳優)の4人が軽い遊びで始めた“四時四十四分の呪い”。ホワイトボードに円を描き、4時44分に4人が同時に左手を円の中に入れると四次元の扉が開き呪われる――軽い遊びのはずだった。だが、次々と記者たちに災難が襲い掛かり…。

畑中の大学時代の剣道部の先輩である佐々倉(吉沢悠)から相談を受けた高槻(伊野尾慧)と尚哉(神宮寺勇太)。呪いの被害に遭ったのは記者クラブのベテラン・村田とエースと呼ばれる林だった。落ちてきたレンガで足を怪我したという村田。書棚が突然倒れ下敷きになった林。一歩間違えれば命にかかわってもおかしくない状況に畑中も怯えている様子だった。しかし、呪いなど信じていない佐々倉は、どうも畑中が嘘を吐いている気がすると言う。佐々倉の勘を裏付けるように、畑中の言葉は一か所だけ歪んで聞こえ…。

そんな中、県警広報官の遠山宏孝(今井朋彦)との出会いが尚哉の運命を大きく揺り動かす。高槻たちの調査を見張るように、付きまとう遠山。間違いなく今回の「呪い」に何かしら関与していると判断した高槻は、遠山を問い詰める。案の定、遠山の声は歪み、思わず反応する尚哉だったが、そんな尚哉を遠山が冷たく見据える。
「――君は嘘が分かるんじゃないか?」
尚哉の秘密を知る男の登場で、事態は思わぬ方向へ。残り二話、尚哉にかけられた「孤独の呪い」は解けるのか!?物語はクライマックスへ加速していく――

出典:『准教授・高槻彰良の推察』公式HPより

尚哉の秘密を知る男とは何者でしょうか。




【まとめ】准教授・高槻彰良の推察の6話感想とあらすじネタバレ・視聴率

准教授・高槻彰良の推察の6話の感想や視聴率をまとめていきました。

ますます仲良くなっている高槻&尚哉ペアに注目です。

次は軽い遊びのはずが呪いにかわってしまったようですね。事件の結末はどうなるのか。

【FODなら准教授・高槻彰良の推察が無料で見られます】

無料トライアルに登録すれば、
1話から最新話まで見放題♪

見逃し動画を無料で見る方法↓↓
>>詳細はこちら