ドラマ

彼女はキレイだった(日本)の8話感想やネタバレ!傷心の樋口の恋の行方は?

彼女はキレイだった(日本)の8話感想やネタバレ

彼女はキレイだった(日本)の8話感想やネタバレ!

2021年8月31日放送のドラマ『彼女はキレイだった(日本)』の第8話。

梨沙と愛の友情はどうなってしまうのでしょうか。そして傷心の樋口の行方は⁈

『THE MOST』廃刊の危機だということが編集部員たちにも知れ渡り、宗介の立場も危ういものに⁈

そこでこちらの記事では、ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』の8話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

彼女はキレイだった(日本)8話の感想の前にあらすじネタバレ

8話あらすじネタバレ

佐藤愛(小芝風花)は再会の日本当は長谷部宗介(中島健人)に会いに行ったけど、昔の自分とは変わっていて会う勇気がなくなってしまったことを話します。

宗介はただ愛に会いたかっただけなんだ、どんな姿で現れるかなんて関係なかったと言い、

2人の想いは通じ合ったかに思えましたが、桐山梨沙(佐久間由衣)からは何も聞いていないと聞き、愛は梨沙のことが気にかかります。

家に帰り、ゴミ箱に捨てられた梨沙から宗介への手紙を読んで愛は戸惑います。

梨紗にちゃんと話したいから、平気なフリしないで言い訳だって何でもいいから話してという愛に、言い訳なんてないといい今は愛の顔はみたくないと家を出て行ってしまいます。

翌朝 愛は宗介に話しかけられますが梨沙のこともあり気まずくて距離をとってしまいます。

しばらく有給をとるという樋口を、他社からの引き抜きではないかと編集部みんなで心配します。

『モストジャパン』が次号でライバル誌の『ルナ』に勝てなければ廃刊になってしまうことを編集部員達が知ってしまいます。

岡島唯子(片瀬那奈)たちは、どうして黙っていたのか、私たちにも知る権利があり仲間にこの仕打ちはないと怒り、次号の制作が副編集長1人でどうぞと言われてしまいます。

1人で頑張る宗介の姿に愛は心配し、企画案を出したり岡島をご飯に誘い宗介も判断を間違えただけで皆さんのことをたよりにしているからと説得します。

家を出た梨紗はなかなか帰ってこず、メールにも返信がありません。

元気がない愛に宗介は「僕が好きになったのは今の愛だよ。愛にとって大切な人の手は絶対に離しちゃダメだ。」と声をかけます。

その言葉に背中を押された愛は、梨紗の職場に会いに行きます。

梨紗はとっさに走り出し逃げようとしますが、愛も必死に追いかけます。

涙ながらに自分の思いを訴える愛に、梨沙は愛を傷つけた私に仲直りする資格なんてないと言い張ります。

けれど愛も引き下がらず、梨沙の大切さを伝えます。

愛の想いに梨紗も愛とケンカして辛かったことを話し、宗介とのことも謝りまり、無事仲直りして2人で梨紗の誕生日を祝います。

梨紗は宗介に別れのメールを送り、自分の気持ちに区切りをつけます。

翌日宗介も編集部員たちに廃刊のことを黙っていたことを謝罪し、自分の気持ちを正直に話します。

編集部員達も意地になっていただけだといい、樋口も企画案を持って戻ってきて、編集部員一丸となって来月号の作成に取り組み始めます。

愛は宗介に「たくさん待たせてごめん。昔も今も宗介が好き。」と改めて告白し、やっと想いが通じ合った2人。

けれどその後、宗介が倒れてしまいます。




彼女はキレイだった(日本)8話の感想まとめ!

「彼女はキレイだった(日本)」8話のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計方法:クラウドワークス)

女性の口コミ
女性の口コミ
今回は愛と梨沙の友情の行方と宗介と編集部員たちのわだかまりがメインのお話でした。愛も梨沙も本当に仲がよかったので無事仲直りできてよかったです。宗介に振られたことで梨沙がまた男性をとっかえひっかえに走ってしまうんじゃないかと心配でした。宗介も編集部員たちに正直な自分の気持ちを伝えられて良かったです。仕事はできて格好良くなったけど、そういう不器用さは昔のままなんですね。樋口の行方も心配でしたが、ちゃんと戻ってきたし、さらに宗介に叱咤激励までしちゃうなんてどこまでも良いやつです。

Twitterの反応

彼女はキレイだった(日本)8話の視聴率は?

彼女はキレイだった日本版(かのきれ)8話の視聴率は、関東地区で7.2%で、関西地区では9.5%でした。(ビデオリサーチ調べ)

1話からの視聴率推移(関東)
2021夏ドラマ
『彼女はキレイだった』
放送話 視聴率(関東)
1話 7.6%
2話 7.0%
3話 7.1%
4話 4.8%
5話 6.4%
6話 6.9%
7話 7.2%
8話 7.2%
9話
最終回

ちなみに、前枠の『大豆田とわ子と三人の元夫』の視聴率一覧は以下の通り。

前枠ドラマの視聴率
2021春ドラマ
『大豆田とわ子と三人の元夫』
放送話 視聴率
1話 10・0%
2話 8・6%
3話 8・4%
4話 8・4%
5話 9・0%
6話 7・6%
7話 7・8%
8話 8・7%
9話 7・7%
最終回 7・9%
  • 最高視聴率:10・0%
  • 最低視聴率:7・6%

となっています。

また、「彼女はキレイだった日本版」の視聴率や評判に対してはこんな意見も。

ドラマ放送後にはトレンドにあがり、TVer等でのランキングも上位に入っていますが、視聴率はちょっと苦戦中でしょうか。今回愛と宗介の想いが通じ合ったので、次回からはキュンキュンした展開になることを期待します。放送前のインスタライブも始まったようなので、リアタイする人が増えると思います。
編集中です(放送後に追記)
編集中です(放送後に追記)



彼女はキレイだった(日本)9話(次回)のあらすじネタバレ!

宗介(中島健人)が過労で倒れた。愛(小芝風花)は、連日激務をこなす宗介を心配するが、当の宗介は、愛と晴れて恋人同士になれた喜びでいっぱい。仕事にもより一層精を出し、存続がかかった次号の目玉企画として、メディアにほとんど出ない人気アーティスト・アリサの独占インタビューをとってくる。

一方の愛は、宗介との恋が実ったことで、樋口(赤楚衛二)に対し気まずさを感じていた。そんな愛の胸中を察した樋口は、「気を使わなくていい」と、愛の“最高の友達”になることを宣言。恋人にはなれなくても、せめて仕事仲間として、これまで通りの関係でいたいと願っていた。

そんなある日、休日出勤している宗介に弁当を差し入れた愛は、宗介から「モストの存続が決まったら、プロポーズする」と告げられ、2人の幸せは最高潮に。しかしそこへ、週刊誌にアリサのスクープ記事が出るという知らせが飛び込んできて、独占インタビューはお蔵入りが決まってしまう。

次号の〆切まであと数日、編集部員たちが急いで新たな取材対象者を探すなか、白羽の矢が立ったのは、年齢・性別・国籍すべて非公表の謎の小説家・楠瀬凛。しかし、出版社の編集担当者ですら、楠瀬凛本人に会ったことはないといい、交渉は難航。タイムリミットが刻一刻と迫り、後がなくなった宗介は、あることを決断して…。

ー「彼女はキレイだった」公式HPより引用

【まとめ】彼女はキレイだった(日本)8話感想とネタバレ

彼女はキレイだった(日本)8話の感想や視聴率をまとめていきました。

想いの通じ合った愛と宗介のキュンキュンシーンが待ち遠しいです。

廃刊の危機に陥っている『モストジャパン』を盛り上げることはできるのでしょうか。

ねこまる
ねこまる
ちなみに、かのきれの動画を見逃してもFODでフルで見られるよ!

今ならFODで初回2週間の無料お試し期間実施中!

原作となった韓国版の『彼女はキレイだった』もFODで配信中です。

韓国のオリジナル版を知った上で『日本版かのきれ』を見るのも、ストーリーの違いやキャラ設定などが分かって面白いですね。

もちろん、過去の火曜21時ドラマも見放題

無料期間中の解約もOK!

登録と解約はどちらも3分で終了します。

\かのきれを見逃しても大丈夫/