ドラマ

彼女はキレイだった(日本)の9話感想やネタバレ!小説家楠瀬の正体とは?

彼女はキレイだった(日本)の9話感想やネタバレ!

2021年9月7日放送のドラマ『彼女はキレイだった(日本)』の第9話。

想いの通じ合った愛と宗介のキュンキュンシーンに期待大♡

2人が好きだと話していた小説家・楠瀬凛の正体がついに明らかに⁈

そこでこちらの記事では、ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』の9話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

彼女はキレイだった(日本)9話の感想の前にあらすじネタバレ

9話あらすじネタバレ

過労で倒れてしまった宗介ですが、病院で治療してもらいすっかり回復します。

愛との関係も順調で、宗介は常に上機嫌。編集部員たちもあまりのキャラ変に驚いてしまいます。

次号の『ザ・モスト』の企画として世界に誇る日本の歌姫ARISAのインタビューを宗介は提案し、編集部はそれなら『ルナ』に勝てるかもと盛り上がります。

振ってしまった樋口にたいして愛は申し訳ない気持ちがありましたが、樋口からご飯に誘ってもらい普段通り接してほしいと言われ、2人の仲も前のように戻ります。

梨沙は親のコネで働かせてもらっているレストランを辞め、恋愛に依存しないよう自分の道を進むことを決意し、愛も梨沙を応援します。

『ザ・モスト』の存続が決まったら愛にプロポーズしようと思ってると話す宗介に、愛もそうなって欲しいと願っています。

ARISAが脱税で雑誌の企画がなくなることになり、至急今までメディアにでたことのない楠瀬凛の企画を新たに考えます。

しかし楠瀬凛のインタビューは実現せず、編集部員が楽しんで書ける記事をそれぞれ考えて雑誌を作ります。

印刷所に届けて印刷にはいろうという時に誰かからストップがかかり、なんと楠瀬凛がインタビューに答えてくれることになります。




彼女はキレイだった(日本)9話の感想まとめ!

「彼女はキレイだった(日本)」9話のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計方法:クラウドワークス)

女性の口コミ
女性の口コミ
ついに初恋が実って愛と宗介がもうラブラブを超えてきました。愛が可愛すぎて宗介がデレデレになるのもわかります。小芝風花さんは、見た目もしぐさも本当に可愛いくてこちらまで元気になる笑顔にこちらまでキュンキュンさせてもらいました。樋口は今回も良い人すぎてせつなくなりました。愛の成長を笑顔で見守ってるし、最後には自分の正体も明らかにしてしまう決意がかっこよかったです。樋口を選んでも愛は幸せになれたんじゃないかなと思っちゃいます。梨沙は「私の人生は私のもの」と父の援助なく進んでいく決意をして、またさらに素敵な女性になりそうです。愛と梨沙の友情もさらに熱いものになって心強そうですね。

愛の編集部のデスクに置いてある玉ねぎが芽をだして成長してますね。次回あの玉ねぎがどうなるのかも注目したいと思います。

Twitterの反応

彼女はキレイだった(日本)9話の視聴率は?

彼女はキレイだった日本版(かのきれ)3話の視聴率は、関東地区で7.1%で、関西地区では9.7%でした。(ビデオリサーチ調べ)

1話からの視聴率推移(関東)
2021夏ドラマ
『彼女はキレイだった』
放送話 視聴率(関東)
1話 7.6%
2話 7.0%
3話 7.1%
4話 4.8%
5話 6.4%
6話 6.9%
7話 7.2%
8話 7.2%
9話 7.1%
最終回

ちなみに、前枠の『大豆田とわ子と三人の元夫』の視聴率一覧は以下の通り。

前枠ドラマの視聴率
2021春ドラマ
『大豆田とわ子と三人の元夫』
放送話 視聴率
1話 10・0%
2話 8・6%
3話 8・4%
4話 8・4%
5話 9・0%
6話 7・6%
7話 7・8%
8話 8・7%
9話 7・7%
最終回 7・9%
  • 最高視聴率:10・0%
  • 最低視聴率:7・6%

となっています。

また、「彼女はキレイだった日本版」の視聴率や評判に対してはこんな意見も。

昨夜はラブラブシーンの連発にときめく人やメンタルやられてしまう人など視聴者も色んな感情になったのではないでしょうか。副社長や楠瀬凛の正体についても予想が色々でていました。来週はついに最終回。2人の初恋を見届けるため視聴率も上がって締めくくると思います。
編集中です(放送後に追記)
編集中です(放送後に追記)



彼女はキレイだった(日本)10話(次回)のあらすじネタバレ!

宗介(中島健人)が起死回生の一手として取材交渉を続けてきた謎の作家・楠瀬凛の正体は、樋口(赤楚衛二)だった。にわかには信じられず、言葉を失う宗介に、樋口は「モストを救いたい」と、自らの生い立ちや小説への思いをつづったインタビュー原稿を手渡す。記事を掲載すれば話題になることは間違いなく、『ザ・モスト』の存続も夢ではない。しかし、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活は一変してしまう——。悩んだ末、宗介は掲載を見送ることを決めるが…。

一方、愛(小芝風花)の元には、絵本作家のちかげ(日髙のり子)から「絵本の仕事を再開する」とうれしい知らせが届く。さらに、ちかげのアトリエへ行くと、「ここで、いっしょに働かない?」と誘われ、胸がときめく愛。絵本作家になることが幼い頃からの夢だった愛は、うれしくなり、早速宗介に報告するが…。

小さなうそから始まった、愛と宗介の初恋の行方は!?

ー「彼女はキレイだった」公式HPより引用

【まとめ】彼女はキレイだった(日本)9話感想とネタバレ

彼女はキレイだった(日本)9話の感想や視聴率をまとめていきました。

楠瀬凛の正体は樋口でした‼『ザ・モスト』に楠瀬凛のインタビューが載ることになるのでしょうか。

愛の絵本作家という夢にも一歩近づけそうです。最終回楽しみですね♪

ねこまる
ねこまる
ちなみに、かのきれの動画を見逃してもFODでフルで見られるよ!

今ならFODで初回2週間の無料お試し期間実施中!

原作となった韓国版の『彼女はキレイだった』もFODで配信中です。

韓国のオリジナル版を知った上で『日本版かのきれ』を見るのも、ストーリーの違いやキャラ設定などが分かって面白いですね。

もちろん、過去の火曜21時ドラマも見放題

無料期間中の解約もOK!

登録と解約はどちらも3分で終了します。

\かのきれを見逃しても大丈夫/