エンタメ

木村柾哉とキンプリ&セブチの関係とは?ダンスを極めた努力の経歴まとめ

2021年11月3日、ついにINIがデビューします!

そのINIでリーダーを務めているのが木村柾哉さん。

実は、過去にキンプリやセブチとも繋がりがあったらしいんです。

どんな繋がりがあるか気になりますね。

ここでは、木村柾哉さんとキンプリ、セブチの関係を探ると同時に、今までのダンスの経歴を見ていきたいと思います!

 

木村柾哉とキンプリの関係は?

キンプリの振付師だった

木村柾哉さんは1997年10月10日生まれの24歳です。(2021年10月30日時点)

高校卒業後、日本工学院専門学校ミュージックカレッジダンスパフォーマンス科でダンスを学んでいました。

その頃からすでにバックダンサーとして活動も始めていたんです。

なんと、キンプリことKing&Princeにも関係していたそうですよ!

正確には振付アシスタントという仕事を担当していました。

振付アシスタントとは、振付師の方が考案したダンスを代わって指導することを言います。

若い頃から才能を発揮していたのですね。

振付を担当したキンプリの曲

木村柾哉さんが担当したキンプリの曲を調べてみました。

すると、「&LOVE」という曲の振付アシスタントを担当していたことが分かりました。

「&LOVE」の特典映像にも映っていることが発見できます!

さらに、「シンデレラガール」のミュージックビデオのメイキングにも映っていました。

「シンデレラガール」2018年5月にリリースされた曲です。

ということは、木村柾哉さんは当時20歳だったということですね。

本当に若い頃から活躍していてビックリしました!

平野紫耀についてコメントしたことも

また、木村柾哉さんがキンプリの平野紫燿さんについて雑誌のインタビューでコメントしていることも分かりました。

雑誌「Scawaii」で、憧れの美ボディは?の問いに、木村柾哉さんは平野紫燿さんの名前を挙げています

直接会って平野紫燿さんを見たことがないと、なかなか名前は挙がってきませんよね。

お互いに知った間柄だということが分かりますね。




木村柾哉とセブチ(SEVENTEEN)の関係は?

セブチのバックダンサーだった

木村柾哉さんはSEVENTEENことセブチのバックダンサーも務めていました!

SEVENTEENは韓国の13人組アイドルグループです。

セブチの活動は2015年からで、木村柾哉さんがバックダンサーと務めていたのは2018年頃かと思われます。

セブチのダンスは難解なものも多く、さらには13人でピタリと揃えるというシンクロ率を誇っています。

そのバックダンサーを務められるということは、やはり20歳頃すでに相当なダンスの腕前だったことが分かりますね!

木村くんのセブチバックダンサー動画が見られるDVDは?

木村柾哉さんがセブチのバックダンサーを務めている動画を探してみました!

すると、「2018 SEVENTEEN CONCERT `IDEAL CUT’ IN JAPAN」に出演していたことが分かりました。

動画では「SEVENTEEN DANCERS」内で木村柾哉さんを確認することが出来ます。

INIになる前から、すでにさいたまスーパーアリーナの舞台に立っていたことになりますね!

自らのデビュー前にアリーナデビューを果たしているのは、大切な経験になっていると思います。

オーディションではセブチの曲を披露

木村柾哉さんは「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から選ばれ、INIとなりました。

その番組内オーディションで、セブチの曲を披露しています。

チーム名は「DU Quinet」。

他のメンバーと5人でセブチの「24H」を披露しました。

その時は残念ながらBクラスとなりましたが、その後の評価でAクラスにあがっています!

やはり厳しいオーディションを勝ち抜いてきていることが分かりますね。




木村柾哉とその他ダンスアーティストとの関係は?

めせもあ

木村柾哉さんは他にも多くのアーティストと関係がありました!

過去に木村柾哉さんはmasayaの名前ダンサーとしての活動をしています。

2020年、Mesemoa.(めせもあ)の配信ライブ「GALAXY.5」ではバックダンサーとして参加していました。

また、Mesemoa.のあおいさんを含むメンバー5人で「パリパリ」(PARTY PARTY)というグループを作っていたこともあったんです。

それ以外にも今までに多くのグループで活動していたようです!

E-girls

木村柾哉さんはE-girlsとも繋がりがありました。

E-girlsはLDH所属のダンス&ボーカルグループで、2011年~2020年まで活動をしていました。

木村柾哉さんはここでも振付アシスタントを担当していたそうですよ!

LDH所属のようなダンスレベルの高いグループでも振付アシスタントが出来ることがダンスレベルの高さを証明していますね。

Nissy

さらに、木村柾哉さんはAAA(トリプルエー)のNissyとも関わりがあることが分かりました。

AAAは男女混合パフオーマンスグループで、メンバーの西島隆弘さんはNissy名義でソロ活動をされています。

木村柾哉さんは2021年2月、「Get You Back」のダンサーとしてミュージックビデオ出演しています。

立ち位置がNissyのすぐ後ろで、白い帽子をかぶっているので分かりやすいです。

とても目立つポジションが与えられていますね!

みやかわくん

木村柾哉さんはみやかわくんのバックダンサーも務めました。

みやかわくんはシンガーソングライターの宮川大聖さんの別名です。

2018年10月、みやかわくんの「イダテンドリーマー」のミュージックビデオにダンサーとして参加していました。

ここまで挙げてきた木村柾哉さんのダンサーとしての活動や振付アシスタントの全てが、20歳前後のことなんです!

ダンサーとしてとての多くの経験を積んでいることが分かりました。

木村柾哉とJO1川尻蓮との関係は?

木村柾哉さんはJO1の川尻蓮さんとも繋がりがあることが分かりました!

川尻蓮さんは日本のグローバルアイドルグループJO1のメンバーで、パフォーマンスリーダーもしています。

実は2018年に木村柾哉さんと川尻蓮さんはダンスグループを組んでいました

ぴすたちおさん、KESOさんも加えた4人組で、ファンからは「まされんけそぴす」という愛称で呼ばれていました。

きっとお互いに切磋琢磨していたことでしょうね。

それが2人の今の活動に繋がっているのだと思います!




木村柾哉は創造営を辞退していた?

木村柾哉さんは実は創造営を辞退していたという話があるのですが、本当でしょうか。

創造営とは「PRODUCE 101」シリーズの中国版です。

同じくオーディションから国民投票でメンバーが選ばれます。

木村柾哉さんもすでに最終選考に合格していた、という話ですが、結果としては創造営ではなく「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」に参加していました。

木村柾哉さん辞退の情報はネットからなので実際の所は分かりませんが、合格した現在の活躍を見ると信憑性は高まりますね・・・!

木村柾哉のダンスの経歴一覧がコチラ

高校生のときに準優勝(2015年)

木村柾哉さんは2015年、「全国高等学校ダンスドリル選手権大会2015」のMr.SOLO部門で準優勝しています!

高校卒業後は日本工学院専門学校ミュージックカレッジダンスパフォーマンス科に在籍し、2年間ダンスの勉強をしていました。

この頃からバックダンサーmasayaとして数々のアーティストと活動を始めています。

高校生の頃からすでに実力を発揮していたのですね!

そのためにはさらに昔からダンスの練習を始めていたであろうことが予想出来ます。

ダンスユニット誕生(2018年)

2018年、のちのJO1メンバーとなる川尻蓮さんとぴすたちおさん、KESOさんと共にダンスグループを結成しました。

「まされんけそぴす」という名でファンから親しまれていました。

同じく2018年に、セブチやみやかわくんのバックダンサーとしての活動をしています。

すでに、生活のほとんとがダンスのために成り立っている感じがします・・・!

グループ活動からダンス講師まで(2019年~2020年)

2019年頃、Mesemoa.のあおいさん達と「パリパリ」(PARTY PARTY)というユニットグループ活動を始めました。

主な活動としては、Mesemoa.のライブ出演やYouTubeにオリジナルで振付をしたカバーダンス動画を投稿したりしていました。

また、2019年から2020年、NOAダンスアカデミーでHIPHOPダンス講師を務めていました。

ここでも、人に伝えるということを通して自分のダンスをより一層高めていたのではないでしょうか。




【まとめ】木村柾哉はダンスを極めた努力の人だった

ここまで、木村柾哉さんとキンプリやセブチとの関係、またダンスの経歴などを見てきました。

結果、とても多くのアーティストと関わりがあることが分かりました。

そして、とても多くのダンス経験も積んでいました!

いつも積極的にダンスと関わり、努力を惜しまなかったから今のINIとしての活動に繋がっているのですね♪

これからの木村柾哉さんもきっと全力で努力し続けることと思います。

2021年11月3日、デビューを楽しみに待ちたいと思います!