ドラマ

ナイトドクター3話あらすじとネタバレ!桜庭のイギリス留学を母親が強制指示!?

ナイトドクター3話あらすじとネタバレ!

2021年7月5日放送の月9ドラマ『ナイトドクター』第3話。

2話では『普通の幸せ』が何か葛藤する美月(波瑠)の心情が描かれていましたね。

本郷(沢村一樹)の『普通とは俺たちが決める』という台詞が印象的でした。

3話では、桜庭(北村匠海)の境遇に焦点が当てられます。

そこでコチラの記事では、『ナイトドクター3話あらすじとネタバレ』『3話の感想』をご紹介していきます。

\ナイトドクターを無料動画で楽しむならFOD

FODプレミアム

こちらの情報は2021年7月時点のものです。
詳細はFOD公式サイトをチェックしてください

ナイトドクター3話のあらすじネタバレ!

3話あらすじ

親のエゴ

治療後の経過観察中の患者が実は変質者で、朝倉(波瑠)に襲いかかり、助けようとした桜庭は変質者にハサミで切り付けられてしまいます。

ネグレクトされていたために、優しくしてくれる女性に僻んだ行動をしまったとのこと。

それは許されることではないけれど、どんな親から生まれてきたか、育ってきた環境で人生は大きく変わってしまうと言う八雲院長(小野武彦)。

そこに現れた桜庭の母(真矢みき)は、

「救急医は向いていない、グループを継ぐための経営だけ学ぶように」

と桜庭を留学させようとします。

親のエゴ

救急医になりたいが気持ちだけでは難しいという桜庭に、(田中圭)は服薬中の薬について問います。

桜庭は生まれつき「心臓が悪い」ことを同僚に打ち明けます。

そんな桜庭の心臓は移植されたものだから、

「自分だけの体じゃない、だから誰よりも清く正しく自分の命を大切に生きなきゃいけないんだ」

と強く思ったのでした。

そして、また運ばれてきた無保険患者。

父が倒れたために救急車を呼んだものの、

「無保険だから払えないので手術はしなくていい」

と父に言われ、息子も、手術することはエゴではないかと悩み始めます。

ただ本郷に説得され、生きててほしいと思い伝えます。

その手術中に患者が急変し、桜庭と深澤(岸優太)だけで処置を判断、対応します。

桜庭の意思

そして無事手術は成功に終わったのでした。

成功したことで自信を持ち、本郷にも褒められた桜庭は母親にナイトドクターを続けたいと懇願しにいきます。

その熱意に負け、桜庭がナイトドクターを続けることを条件付きで認めたのでした。

朝倉の部屋で虫退治中に、ドナー患者の家族にあてた手紙を見つけてしまい成瀬(田中圭)は後日桜庭に問います。

ねこまる
ねこまる
3話を見逃しても大丈夫!
FODで無料で見られるよ

ナイトドクター3話の感想・口コミ・評判は?

ナイトドクター3話の感想は…

くま
くま
桜庭の子供時代と本郷先生の絡みに癒された。笑

自身に課せられた運命に抗いながら、自分にできることを素直に取り組む桜庭の姿にも心を打たれましたね。

3話の詳しい感想は、こちらで詳しくまとめてあります⬇︎

ナイトドクター3話感想や視聴率!明かされる桜庭の境遇と母親との関係とは?
ナイトドクター3話感想や視聴率!明かされる桜庭の境遇と母親との関係とは?ナイトドクター3話感想や視聴率! 2021年7月5日放送のドラマ『ナイトドクター』の第3話。 第3話では、今まであまり取り上...

ナイトドクター4話(次回)の内容・今後の展開は?

搬送された女性患者を朝倉美月(波瑠)と桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)が受け入れた。救急隊員に女性、花園詩織(松井愛莉)の恋人が付き添っていると聞いた幸保は驚く。幸保の恋人、青山北斗(竹財輝之助)ではないか。北斗は店の宣伝のためSNSで強力な宣伝力を持つ詩織を利用したが、交際していると思い込まれたと幸保に説明。会うのは最後にしようと言うと詩織が掴みかかったので、ふりほどいたら階段から落下してしまったと北斗は言うのだが幸保は納得出来ない。

ー「ナイトドクター」公式HPより引用

次回はまさかの「女の戦い勃発!?」というラブコメ的展開に。

医療ドラマ苦手な方でも楽しめる作品ですね。




ナイトドクター3話あらすじネタバレ感想まとめ!

『ナイトドクター』3話のあらすじとネタバレ・感想についてまとめました。

次回は運ばれてきた患者の彼氏が、なんと高岡の彼氏だったという展開。

くま
くま
また一悶着ありそうだね…

ちなみに、ナイトドクターを見逃しても『FOD』で無料で全話フル視聴することができますよ。

見逃してしまった!という場合は、FODの無料トライアル期間内に解約してしまえばタダで見ることが可能♪

過去の月9ドラマももちろん見放題です♪

契約も解約も、どちらも3分で終了します。

\ナイトドクターを見逃しても大丈夫/