ドラマ

推しの王子様の10話感想やネタバレ!泉美と光井は順調にいくのか?

推しの王子様の10話感想やネタバレ

推しの王子様の10話感想やネタバレ!

2021年9月16日放送のドラマ『推しの王子様』の第10話。

付き合いはじめた泉美と光井は順調にいくのでしょうか⁈

会社の再始動も不穏な空気が漂っています。自分を見失いはじめる泉美が心配です。

そこでこちらの記事では、ドラマ『推しの王子様』の10話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

【FODなら推しの王子様が無料で見られます】

無料トライアルに登録すれば、
1話から最新話まで見放題♪

見逃し動画を無料で見る方法↓↓
>>詳細はこちら

推しの王子様の10話の感想の前にあらすじネタバレ

10話あらすじネタバレ

ランタンの傘下にはいったことにより事務所も移転し、統括部長として小島(竹森千人)が加わり『ペガサス・インク』のメンバーがどう思っているのか、選択は間違っていなかったのか泉美(比嘉愛未)は不安になります。

皆の作りたい新しいゲームを作ることができるようになるからと光井(ディーン・フジオカ)は励ましますが、泉美はゲーム作成より経営に関する仕事ばかりが増えていきます。

会社での雰囲気により泉美と光井が付き合い始めたことに航(渡邊圭祐)は気づき、複雑な気持ちになりますが、新しいゲームの企画に懸命に取り組みます。

水嶋社長(船越英一郎)から新しいゲームの企画や家庭用ゲーム機用コンシューマーゲームの開発についてもすすめるよう言われ、さらにタイアップ企画やお願いする声優についてなど自分たちが乗り気ではない仕事もこなさなくてはいけません。

そんな中、コンシューマーゲーム作成の企画プレゼンの際に、泉美はこれから自分が作りたいゲームや展望について熱意を持って話すことができず、取引相手を失望させてしまいます。

以前の泉美と変わってしまったので航は心配します。

泉美は乙女ゲームに対する情熱が持てない自分に気づき、このままではメンバーに迷惑をかけてしまうと仕事を辞めることを選びます。




推しの王子様の10話の感想まとめ!

ねこまる
ねこまる
推しの王子様の10話を見た感想も紹介するよ!

ドラマを見た感想

『ペガサス・インク』は大手の傘下にはいったことで、自分たちのやりたいを突き詰めたゲーム作りができなくて魅力が半減しそうです。泉美がとても痛々しくなってきました。

女性の口コミ
女性の口コミ

泉美はだいぶ思い詰めていましたね。プレゼンの失敗なんて今まで何回もあったことですが、自分の判断に自信が持てなくなってしまったこと、乙女ゲームへの情熱を感じなくなってしまったことは大分痛手でしたね。推しであった『ラブ・マイ・ペガサス』のサ終がだいぶ堪えているようです。光井も新しい仕事に追われて泉美の変化に気付いてあげられないなんて、タイミングが悪い。航は成長して自分の仕事もこなしつつ、泉美の様子についても気にかけていました。次は、航が道に迷った泉美を救う番ですね!

Twitterの反応はこちら

推しの王子様の10話の視聴率は?

推しの王子様の10話の視聴率は、5.3%です。(ビデオリサーチ調べ)

1話からの視聴率推移
2021夏ドラマ『推しの王子様』
放送話 視聴率
1話 6.0%
2話 5.0%
3話 4.1%
4話 4.4%
5話 4.8%
6話 4.5%
7話 4.7%
8話 5.3%
9話 4.6%
10話 5.3%
最終回

ちなみに、前枠の『レンアイ漫画家』の視聴率一覧は以下の通り。

前枠ドラマの視聴率
2021春ドラマ
『レンアイ漫画家』
放送話 視聴率
1話 6.5%
2話 5.1%
3話 4.8%
4話 5.7%
5話 5.6%
6話 5.0%
7話 5.0%
8話 5.2%
9話 5.4%
10話 5.0%
最終回 5.8%
  • 最高視聴率:6.5%
  • 最低視聴率:4.8%

視聴率は5%前後で進んでいますね。せっかく付き合い始めた泉美と光井ですがあまり盛り上がらず、やはり航の出番でしょうか。最終回は恋の行方に注目が集まると思います。




推しの王子様最終回のあらすじネタバレは?

『ランタン・ホールディングス』の傘下に入ったものの、ランタン側からの一方的な要求に翻弄されたあげく、コンシューマーゲーム化を目指した企画の大事なプレゼンでも失態を犯してしまった泉美(比嘉愛未)光井(ディーン・フジオカ)航(渡邊圭祐)ら『ペガサス・インク』のスタッフたちに迷惑をかけてしまったことに苦しむ中、乙女ゲームへの情熱も失ってしまった泉美が出した結論は、ペガサスを辞める、というものだった。泉美は、交際を始めたばかりだった光井にも別れを告げると、マンションを引き払って姿を消してしまう。

それから10日後、ペガサスは、ランタンから来ていた小島(竹森千人)が新社長に就任する。それに伴い、小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出していた。

一方、航から、泉美の居場所について心当たりはないかと問われた光井は、泉美と別れたことを打ち明ける。泉美を支えることも、スタッフをまとめることも出来ずに不甲斐ない、と自分を責める光井。航は、光井にはそんな言葉は似合わない、というと、強い決意を持って、会社のことは出来る限り努力する、と告げる。

泉美は、実家に帰っていた。しかし、自分を突き動かしていた乙女ゲームへの情熱も、“推し”もいないいま、何をすればいいのかすらわからない。そんなある日、泉美の前に、突然、光井が現れて……。

ー「推しの王子様」公式HPより引用

>次回(最終回)の感想ネタバレはこちら

【まとめ】推しの王子様の10話感想とネタバレ

推しの王子様の10話の感想や視聴率をまとめていきました。

今まで自分たちの作りたいゲームを作ってきた『ペガサス・インク』のメンバーにとって傘下にはいるということは、収益を考えて気の進まないことにも応えなくてはいけないので大変そうです。

このまま『ペガサス・インク』はやっていけるんでしょうか。

泉美は仕事も辞め、部屋も引き払ってどこにいったのか気になります。

最後泉美を救えるのは光井なのか航なのか楽しみです!

【FODなら推しの王子様が無料で見られます】

無料トライアルに登録すれば、
1話から最新話まで見放題♪

見逃し動画を無料で見る方法↓↓
>>詳細はこちら