ドラマ

推しの王子様の7話の感想やネタバレ!泉美に訪れた盗作疑惑のピンチとは?

推しの王子様の7話感想やネタバレ!

2021年8月26日放送のドラマ『推しの王子様』の第7話。

『ラブ・マイ・ペガサス』にまさかの盗作疑惑が持ち上がります。

泉美のピンチに航や光井はどうするのでしょうか。それぞれの想いが交錯します。

そこでこちらの記事では、ドラマ『推しの王子様』の7話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

推しの王子様の7話の感想の前にあらすじネタバレ

7話あらすじネタバレ

航(渡邊圭祐)から杏奈(白石聖)を自宅まで送り届けたとメールがきます。

泉美(比嘉愛未)は今日どこに泊まるのか気になりますが聞けませんでした。

翌日、航は泉美に次の給料日までの1週間また同居させて欲しいとお願いします。

泉美はこころよくOKし、航と前のような関係に戻ったことが嬉しそうです。

そんな時『ペガサス・インク』がつくった乙女ゲーム”ラブ・マイ・ペガサス”が盗作だというデマが拡がってしまいます。

『ペガサス・インク』のメンバーは動揺しますが、泉美は私たちは間違ってないから何も気にしなくて大丈夫だと言います。

動じない泉美を航は尊敬しつつ、こんなに頑張っている泉美を批判するなんて腹が立つと言い、泉は嬉しく思います。

コンペに出す新キャラ作りに行き詰まっている航を杏奈が誘い、一緒に出かけます。

別れ際、航が電車に乗らず歩いて帰ると言い杏奈は気になります。

キャラデザインに自信がもてない航は泉美にアドバイスを求めます。

どうしてそんなに不安なのか泉美が聞くと、昔出て行く母親を引き止めるために頑張って絵を描き入賞しても母親は出て行ってしまったことで、俺が何をしても何も変わらないんだと心のどこかで思ってしまうと言います。

泉美も昔は「自分が何をやっても何も変わらない」と自信が持てなかったが、乙女ゲームを好きになったことで周りの評価が気にならず楽しいことを思いっきり出来るようになったと話し、何かを好きになる気持ちって儚いものだからこそすごいエネルギーを生み出すと伝えます。

航が悩んだり遠回りした分、他の人とは違うものを見ているのだから、その経験は物を作る上で必ず役に立つと励まし、航が心から楽しんで描いたものは航にしかできないデザインになるとアドバイスします。

杏奈が泉美のところへ航との関係を聞きにきます。

昨日歩いて帰る航のあとをつけたら、泉美と同じマンションに入っていくのを見てしまい2人がつきあっているのではと疑います。

泉美はお金がない航をただ家に置いているだけだといい、航も杏奈も大事なスタッフだと諭します。

杏奈は納得しますが、話終わったあとの泉美は何かスッキリしません。

盗作疑惑についてはゲームのファンが嘘だということを暴いてくれて無事解決します。

新キャラのプレゼン当日、真理(佐野ひなこ)や芽衣(徳永えり)が魅力的なキャラクターを提案します。

航も自分自身の経験を投影した魅力あるキャラクターを自信を持って説明し、泉美はその姿に嬉しそうです。

結果、航の提案したキャラが採用され、光井も航の成長を評価し泉美も嬉しくなります。

光井は航の成長は育てた先生のおかげだといいますが、泉美は「今の彼なら1人でも羽ばたける」と少し寂しくなります。

自宅に戻った泉美と航は新キャラが採用されたことを祝います。

航は泉美が好きだと気づき、これからも色々教えて欲しいと告白します。

けれど泉美は、航の気持ちはただ刷り込まれているだけで恋愛ではないと言い、もう教えることはないから航の人生は自分で作りなさいと言います。

航は離れたくないと訴えますが、泉美は「今までありがとう」と突き放します。

翌朝、航は家を出ていきます。




推しの王子様の7話の感想まとめ!

推しの王子様7話のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計方法:クラウドワークス)

女性の口コミ
女性の口コミ
なんだか切ない7話でした。航が泉美に認めてもらいたいというのは出て行ってしまった母親を重ね合わせていたのかなと思うので恋愛感情の好きとは違うし、杏奈と接している時のほうが自然で良いカップルになりそうだなと思えます。航の新キャラがコンペにすぐ通ってしまうのも安易な展開だったと思います。何より航に王子様要素のキラキラがない!陰な雰囲気漂いすぎです。トキメキが足りません!泉美も自分に正直なりきれず中途半端な感じ。光井さんとのほうが支え合っていてお似合いです。次回、航が覚醒するみたいなので、泉美につり合う男性への成長を期待します。
女性の口コミ
女性の口コミ
今回は、盗作疑惑から始まり、杏奈に同居バレや、航の告白と、かなり盛り沢山な感じでしたが、炎上の火消しが早すぎて、このエピソードいる?と若干戸惑ってしまいました。
確かに泉美の芯の強さを感じられるシーンではありましたが、そのわりに杏奈に気を遣い過ぎて、本心がブレブレだし、わざわざ戻って来た航をまた追い出すんかい!と、思わず突っ込んでしまいました。
すぐ受け入れない予感はありましたが、これだけド直球な告白が伝わらない航が不憫すぎました。

Twitterの反応

推しの王子様の7話の視聴率は?

推しの王子様の7話の視聴率は、4.7%です。(ビデオリサーチ調べ)

1話からの視聴率推移

2021夏ドラマ『推しの王子様』
放送話 視聴率
1話 6.0%
2話 5.0%
3話 4.1%
4話 4.4%
5話 4.8%
6話 4.5%
7話 4.7%
8話
9話
10話
最終回

ちなみに、前枠の『レンアイ漫画家』の視聴率一覧は以下の通り。

前枠ドラマの視聴率推移

2021春ドラマ
『レンアイ漫画家』
放送話 視聴率
1話 6.5%
2話 5.1%
3話 4.8%
4話 5.7%
5話 5.6%
6話 5.0%
7話 5.0%
8話 5.2%
9話 5.4%
10話 5.0%
最終回 5.8%
  • 最高視聴率:6.5%
  • 最低視聴率:4.8%

また、『推しの王子様』の視聴率についてはこのようなコメントも。

視聴率は苦戦しています。航のさらなる成長に期待するか、光井さんの大事さに泉美が気づくか、もっとドキドキさせる展開を望んでしまいます。最終回も近づいてきたので盛り上がってほしいです。
数字的には、相変わらず打ち切り圏内という厳しい意見もあるようです。ですが、徐々にオタク要素も薄れて来ているし、いよいよ光井も本気で奪いに来そうなので、王道の四角関係が加速するスピード感で、またそれぞれの動向に注目が集まるんじゃないかと期待しています。



推しの王子様8話(次回)のあらすじネタバレは?

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)に好きだと伝えた。しかし泉美は、尊敬の気持ちを誤解しているだけだと返し、航の人生は航自身が作るものなのだから別々の道を歩こう、と突き放す。「今まで、ありがとう」。そう言い残して寝室に入ってしまう泉美。翌朝、航は、泉美と顔を合わせることもなく、静かに彼女の家を出て行き……。

それから8ヵ月が過ぎた。『ペガサス・インク』が発表した新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』は、史上最速で300万ダウンロードを記録する大ヒットとなり、航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受けるなど、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集めている。航は、多忙な業務の間を縫って、新作ゲームの企画書を準備していた。有栖川(瀬戸利樹)にそのことをバラされてしまった航は、泉美に企画書を渡す。

一方、光井(ディーン・フジオカ)は、ゲーム会社を立ち上げた大学時代の友人から、一緒にやろうとヘッドハンティングを受ける。「何のためにペガサス・インクにいるのか?」と友人に問われた光井は言葉に詰まり……。

そんな中、声優のアフレコスケジュールでトラブルが起きる。調整をせざるを得なくなった泉美は……。

ー「推しの王子様」公式HPより引用

【まとめ】推しの王子様の7話感想とネタバレ

推しの王子様の7話の感想や視聴率をまとめていきました。

泉美と航の関係は今後どうなってしまうのか気になります。

さらに光井が他の会社に誘われてしまい、泉美の元をさってしまうのでしょうか。

ちなみに「推しの王子様」は1話から最終回までFODでフルで配信されますよ。

ドラマを見逃してしまった!という場合は、FODの無料トライアル期間内に解約してしまえば実質タダで視聴可能!

また過去の話題になったフジテレビのドラマも、全て見放題です♪

本編のスピンオフ作品『僕の推しは王子様』もFODで限定配信中!

契約と解約も、どちらも3分で完了します。

\推しの王子様を見逃しても大丈夫/