ドラマ

推しの王子様の8話感想やネタバレ!光井はペガサスインクを去るのか?

推しの王子様の8話感想やネタバレ!

2021年9月2日放送のドラマ『推しの王子様』の第8話。

航が乙女ゲーム界のプリンスへと成長していきますが、泉美には異変が…。

さらに光井が『ペガサス・インク』を去って行ってしまうのでしょうか⁈

そこでこちらの記事では、ドラマ『推しの王子様』の8話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

推しの王子様の8話の感想の前にあらすじネタバレ

8話あらすじネタバレ

航(渡邊圭祐)は急成長をとげて今や乙女ゲーム界のプリンスと言われ取材を受けたり、プライベートでも杏奈(白石聖)と付きあいだし充実した毎日を過ごしています。

泉美(比嘉愛未)も変わらず、新ゲームはダウンロード数も上々、休みもきっちり休んで乙女ゲームを堪能する毎日ですが、どこか満たされない感じです。

航は次に作りたいゲームの企画案まで用意しています。

光井(ディーン・フジオカ)は、お前の好きなゲームをつくれるように俺の会社にこないかと友人から誘われていて悩んでいました。

ゲームの声優の声収録の日程変更トラブルが起き、『ペガサス・インク』はバタバタと忙しくなります。

さらに収録当日にもこんな台本は読めないと声優からクレームがはいり、急いで航が台本を手直しすることになります。

航が直した台本はすばらしく、声優も納得し無事収録が終わります。

泉美は台本のミスに気付かなかった自分を責め、さらに自分の気持ちが分からなくなっていることを涙ながらに光井に相談します。

自分の本当の気持ちを泉美は確認し、光井も泉美に告白します。




推しの王子様の8話の感想まとめ!

推しの王子様8話のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計方法:クラウドワークス)

女性の口コミ
女性の口コミ
ドキドキと切なさがつまった話でした。どの登場人物も自分の好きな人の幸せを考えて行動していて、自分の思いより相手のことを優先できるってすごいですよね。泉美も光井も正直になれなかった思いをそれぞれ打ち明けあって、そうとうな絆だと思います。航も数か月でここまで成長できたのは泉美のおかげだし、恋模様がどうなっていくのか気になります。

Twitterの反応

推しの王子様の8話の視聴率は?

推しの王子様の8話の視聴率は、5.3%です。(ビデオリサーチ調べ)

1話からの視聴率推移

2021夏ドラマ『推しの王子様』
放送話 視聴率
1話 6.0%
2話 5.0%
3話 4.1%
4話 4.4%
5話 4.8%
6話 4.5%
7話 4.7%
8話 5.3%
9話
10話
最終回

ちなみに、前枠の『レンアイ漫画家』の視聴率一覧は以下の通り。

前枠ドラマの視聴率推移

2021春ドラマ
『レンアイ漫画家』
放送話 視聴率
1話 6.5%
2話 5.1%
3話 4.8%
4話 5.7%
5話 5.6%
6話 5.0%
7話 5.0%
8話 5.2%
9話 5.4%
10話 5.0%
最終回 5.8%
  • 最高視聴率:6.5%
  • 最低視聴率:4.8%

また、『推しの王子様』の視聴率についてはこのようなコメントも。

航が成長し恋愛ドラマらしくドキドキと切ない気持ちが楽しめるようになってきました。次回は『ペガサス・インク』の今後に関わる重大な選択を泉美をしなければならないので、どうなっていくのか楽しみです。泉美と航が恋人同士になるかと思っていたのに、光井との信頼関係も大事にしている泉美がどちらを選ぶのか最終回にむけて視聴率あがって欲しいです。
編集中です(放送後に追記)
編集中です(放送後に追記)



推しの王子様9話(次回)のあらすじネタバレは?

【次回の動画やTwitter画象を貼り付けます。】

泉美(比嘉愛未)は、航(渡邊圭祐)のことが好きだと光井(ディーン・フジオカ)に打ち明けた。心をさらけ出した泉美に対して、自分も正直になろうと思えた光井は、ずっと胸に秘めていた泉美への想いを告白し、一緒に生きていきたいと思っていると伝える。だが泉美たちは、ドアの外で航がふたりの会話を聞いていたことには気づいていなかった。

そんな折、『ランタン・ホールディングス』社長の十蔵(船越英一郎)から呼び出された泉美は、ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられる。傘下に入れば資金力は飛躍的に増え、新しいゲームの開発も可能になる。『ペガサス・インクにとっては魅力的な話だ。ただし、その条件として十蔵が提示したのは、売り上げが低下している『ラブ・マイ・ペガサス』のサービスを終了させる、というものだった。『ラブ・マイ・ペガサス』に費やしていた労力やコストを、新しいゲームの開発に当てるべきだというのだ。

会社に戻った泉美は、光井に十蔵からの提案を伝える。光井は、突然のことに驚きながらも、『ラブ・マイ・ペガサス』は自分たちにとって大切なゲームなのだから、結論を急がずにどうするべきか一緒に考えようと告げる。その際、泉美は、光井から告白された件にも触れ、きちんと考えるから時間がほしい、と話す。

一方、泉美の思いを知った航は、揺れる心を抑えながら杏奈(白石聖)と交際を続けていた。そんな航のもとへやってきた泉美は、働き過ぎの航に無理をしないよう指示すると、彼が提出した新ゲームの企画もいつか実現させようと伝える。そこで航は、自分だけでなく、芽衣(徳永えり)有栖川(瀬戸利樹)たちも、それぞれ自分の得意分野を生かした乙女ゲームの企画を考えており、みんなで集まって企画会議もしていることを泉美に伝え……。

ー「推しの王子様」公式HPより引用

【まとめ】推しの王子様の8話感想とネタバレ

推しの王子様の8話の感想や視聴率をまとめていきました。


『ペガサス・インク』は今後どうなってしまうのか。

光井の想いを知った泉美は、今まで支えてきてくれた光井になんとこたえるのでしょうか。

ちなみに「推しの王子様」は1話から最終回までFODでフルで配信されますよ。

ドラマを見逃してしまった!という場合は、FODの無料トライアル期間内に解約してしまえば実質タダで視聴可能!

また過去の話題になったフジテレビのドラマも、全て見放題です♪

本編のスピンオフ作品『僕の推しは王子様』もFODで限定配信中!

契約と解約も、どちらも3分で完了します。

\推しの王子様を見逃しても大丈夫/