映画

竜とそばかすの姫の声優が下手と酷評も?主人公に声優を使わない理由とは?

「時をかける少女」や「サマーウォーズ」を手がけた細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」

すでに映画を見たという方がいるかと思いますが、

  • 「竜とそばかすの姫」主人公の声優、誰だろう。
  • 「竜とそばかすの姫」の声優、下手・・・。

と思っている方っ!!

今回、「竜とそばかすの姫」主人公の声優は誰なのか。

また、「なぜ主人公の声優は下手なのか」。

「なぜ、本業の声優ではなくこの声優が抜擢されたのか」についてご紹介していきます。

竜とそばかすの姫の声優が下手と酷評も?

主人公・すずの声優は誰?

「竜とそばかすの姫」主人公・すずの声優は、シングソングライター、ミュージシャンの中村佳穂さんです。

1992年5月26日生まれ(2021年7月現在29歳)京都出身。

映画・声優活動は今回の「竜とそばかすの姫」が初挑戦となります。

そもそも中村佳穂さんを知らない。初めて知ったという方も多いと思います。

私も今回の映画で初めて中村佳穂さんのことを知り、youtubeで歌声を聞かせて頂きました。

「聞き入ってしまう・引き込まれていく」そんな素敵な、心地よい歌声でした!!

聞いたことがない方はぜひ聞いてみてください。

下手というネットの声

「竜とそばかすの姫」を見て、

「正直、主人公の声優(中村佳穂さん)が下手だ・・・」

と思った方。

実はネットでも多く声が寄せられています。

中には、映画を見る前から「CMの段階で声優下手」「見る気がしない」という意見も多くありました。

映画の内容が良くても、「声優の声を長々と聞かされるのは苦痛だ」「声のせいで内容が入ってこない」など。

しまいには「細田守監督はなぜ本業の声優を使わないのか」と監督への意見もあげられています。

私も以前に、「サマーウォーズ」を見たのですが、声に違和感があって内容が入ってこないということがありました。




竜とそばかすの姫の主人公の声優が下手な理由は?

本業はミュージシャンだから

「竜とそばかすの姫」の主人公役を演じた中村佳穂さんは声優ではなく、ミュージシャンです。

初挑戦だったこともあり、ネットでは酷評も多くありました。

しかし、2021年7月16日に初日舞台挨拶の際、竜役で共演した佐藤健さんにこのように賞賛されています。

「歌うようにセリフを言い、語るように歌を歌う方。呼吸がもう歌っている。素晴らしい表現者」

出典:yahooニュース

中村佳穂さんの歌を聞いた後だと、佐藤健さんが言ってた言葉の意味がなんとなく分かるような気がします。

ツイッターにも「歌声が素晴らしくて感動した」という意見も上がっていました。

声優や芝居は初挑戦だから

もちろん、アフレコも初めてだった中村佳穂さん。

初挑戦でありながら女子高校生のすずと、歌姫のベルを演じ分けるという難しい役。

初めての経験で、何をしたらいいのか分からず、

「ベルの時はヒールの高いパンプスを履いて、すずの時はなるべく低い靴を履くなどしてアフレコに参加していた」

出典:アニメ!アニメ!

と話されています。

また、「歌を歌うことですずとベルの声を使い分けていた」という話もありました。

酷評も多かった中村佳穂さんの声優デビューでしたが、初挑戦なりに自分で工夫して演じようとする姿がありました。

竜とそばかすの姫の主人公に声優を抜擢しない理由は

細田守監督はなぜ「竜とそばかすの姫」の主人公を、本業の声優ではなく中村佳穂さんに抜擢したのか。

細田守監督と中村佳穂さんの出会いは2019年7月。

京都をベースに活動していた中村佳穂さんの一曲「そのいのち」という曲を聞いて魅了されます。

その後、「竜とそばかすの姫」でオーディションを受けることとなった中村佳穂さん。

その時のオーディションで「中村佳穂さんの予想を上回る表現力」に驚いたといいます。

原稿を読んでもらい「この人だっ!!」と確信したと話されています。(出典:シネマトゥデイ)

また以前、細田監督は「声優には何を求めて選んでいる?」という質問に対してこのように答えています。

「技術でお芝居するのではなく、存在感、人間性などを表現してもらえる方」

「プロの声優さんは、別々で声を録ることができるが、相手の芝居を受けられないからバランスが悪くなる。セリフは絶対に同時に取らないとダメ」

出典:シネマトゥデイ

ツイッターの意見のとおり、本業の声優さんが主人公を演じていれば良かったのかもしれません。

しかし細田守監督は、主人公すずとベルを演じる声というより「中村佳穂さん」という人に魅力を感じて、「中村佳穂さんだったらこんなふうに演じてくれるのではないか」という思いでオファーしたのではないかと思います。




竜とそばかすの姫の声優が下手と酷評も?まとめ

ツイッターでも上がっているように「竜とそばかすの姫」主人公の声優は下手だ。という酷評が多く上がっています。

主人公を演じたのは、ミュージシャンの中村佳穂さんで、何かを演じたり、声優をするのは今回が初挑戦でした。

もちろん、本業の声優さんや役を演じたことがある俳優・女優の比べたら劣っていても仕方ないかもしれません。

ですが映画の作中にも流れている、中村佳穂さんが歌うベルの歌は「感激した」という声が多いのも事実です。

初挑戦でありながらも、自分なりに工夫し、主人公すずとベルと演じ切った中村佳穂さん。

細田守監督のキャスティングの意味、中村佳穂さんの魅力を知った今、改めて映画を見るとまた違う感想が出てくるのではないでしょうか?