ドラマ

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!?

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!?

二宮和也さん主演で、2022年1月3日放送のドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」。

「原作はある?実話なの?」と気になっている方も多いのでは?

結論から言うと、「潜水艦カッペリーニ号の冒険」には原作はありません。

代わりにモデルとなった実話が存在しているんです!

今回は、ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」の原作、モデルとなった実話の内容、主演の二宮和也さんへの期待度などを徹底的に調べてみました!

 

潜水艦カッペリーニ号の冒険の原作はある?

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!

潜水艦カッペリーニ号の冒険には、小説や漫画といった原作はありません

では、オリジナルの脚本なのかというと、実はそうではありません。

潜水艦カッペリーニ号の冒険には、このドラマの監督自らが聞いた、ある実話が大きく関わっていました。

潜水艦カッペリーニ号は原作なしで実話がモデルだった!

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!

モデルとなった実話とは?

潜水艦カッペリーニ号の冒険は、このドラマの監督である馬場康夫さんが、25年前に友人のイタリア人から聞いた実話を基に作られました

同盟国だった日本とイタリア。

しかし潜水艦で潜っている間に、いつのまにか政権交代で敵国同士になっていたー。

そんなことが実際にあるのか!と衝撃を受けた馬場康夫さんは、「この実話をベースにしたドラマは、面白くなる」と確信を得ます。

潜水艦カッペリーニ号の冒険の公式サイトに、馬場康夫さんはこのようなコメントを寄せられています。

25年以上前のことですが、私のイタリア人の友人からこの潜水艦の話を聞きました。その話がとても面白くて。潜水艦で潜っている間に敵と味方がひっくり返っちゃったなんて、“そんなことあったの!?”と一気に引き込まれました。しかも、食べて、歌って、恋して、人生を謳歌(おうか)する国民性のイタリア人が、よりにもよって大日本帝国海軍という厳しい世界に放り込まれてしまったというのも皮肉ですよね。そこからさまざまな方に取材し、アベーレのモデルになった方の奥様の話も聞きました。第二次世界大戦中のイタリア人がどういう生き方をして、何を考えていたのか。取材を重ねるたびに、“これはドラマになる”と確信しましたし、なにより実話がベースになっていることがこのドラマの最大の魅力になっていると思います。

【引用元】https://www.fujitv.co.jp/DramaCappellini/introduction.html

様々な取材を経て、構想25年でついにドラマ化されることになりました。

カッペリーニ号のモデルとなった潜水艦

潜水艦カッペリーニ号の冒険というタイトルの由来にもなっている潜水艦は、「コマンダンテ・カッペリーニ」というイタリアの潜水艦です。

史実では、日本で没収されたコマンダンテ・カッペリーニ号はドイツへと引き渡されUIT-24と名を変えます。

その後、再び日本へと渡り、伊号第五百三潜水艦と名を変えるのですが、わずか1か月ほどで終戦を迎えたため、武装解除したコマンダンテ・カッペリーニ号は海没処理されることになります。

数奇な運命を辿ったコマンダンテ・カッペリーニ号を、ドラマでどこまで史実に基づいて作られているかは定かではありませんが、実話なのだと思いながら観ると、また違った目線で楽しめますね。

潜水艦カッペリーニ号の冒険の脚本家や演出家は?

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!

脚本家や演出家

潜水艦カッペリーニ号の冒険の脚本家は澤本嘉光(さわもとよしみつ)さん

CMディレクターとして、数々のヒット作を生み出しているほか、脚本家としても活躍されています。

<主な作品>

CM…ソフトバンク「白戸家」/日清食品「どん兵衛」など

脚本…映画「犬と私の10の約束」「一度死んでみた」など

演出家は監督も務める馬場康夫さん

ホイチョイ・プロダクションズという漫画家ユニット・クリエーター集団の代表取締役社長を務めています。

バブル期に制作された、「ホイチョイ3部作」と言われている3本の映画が有名ですね。

<ホイチョイ3部作>

私をスキーに連れてって(主演:原田知世)

彼女が水着にきがえたら(主演:原田知世)

涙の数だけ抱きしめて(主演:中山美穂)

大ヒットを連発する映画監督としても活躍されていますが、今回、「潜水艦カッペリーニ号の冒険」でドラマ監督デビューされます。

その他制作スタッフは?

音楽は「古畑任三郎」のテーマソングで知られる本間勇輔さん

プロデュースは、岩田裕二さんと蔵本憲昭(くらもとのりあき)さん

蔵本憲昭さんは、映画「ハンサム★スーツ」「幕が上がる」などで知られる名プロデューサーです。

潜水艦カッペリーニ号の冒険のあらすじ内容や今後の展開予想

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!

<潜水艦カッペリーニ号の冒険のあらすじ>

イタリアの潜水艦カッペリーニ号は、同盟を組む日本へ物資を輸送するため、太平洋を航行していた。

カッペリーニ号が出港後、イタリアが連合国側に寝返り、日本と敵対するようになっていたことなどまったく知らないイタリアの3人の乗組員。

日本から大歓迎を受けると思っていた3人は、待ち構えていた日本海軍少佐・速水洋平によって捕らわれてしまう。

速水はカッペリーニ号を戦闘用に武装する計画を立て、その乗組員に捕虜の3人を採用。

そんな矢先、3人の捕虜のうちの一人、アベーレが速水の妹・早季子に一目ぼれしてしまい…!?

なんとも先の展開が気になるあらすじですよね!

戦争物ではありますが、ちょっとコメディ要素のあるような、ライトに観ることができるドラマなのでは…と感じます。

ドラマでは、速水の実家である速水旅館に、捕虜となったイタリア人3人を住まわせることになるのですが、速水の妹・早季子を含めた恋愛模様にも注目です。

展開としては、速水と3人のイタリア人の間には敵国同士ながら友情が芽生え始め…しかし、敵対するものとしての葛藤もあり…といった、「戦争」が弊害となって人間関係を苦しめていくのではないかなと予想しています

潜水艦カッペリーニ号の冒険の二宮和也の演技力への期待は?

潜水艦カッペリーニ号の冒険の主演・速水洋平を演じる二宮和也さんは、ジャニーズの中でも演技派として知られています。

2016年には日本アカデミー賞主演男優賞も受賞している二宮和也さん。

「硫黄島からの手紙」「母と暮らせば」など、戦争がかかわる映画にも数多く出演しており、その時代を演じることには定評があります。

ネットでも、二宮和也さんへの期待度は高く、楽しみにしている人が多い印象。

妹・早季子を演じる有村架純さんとも共演経験があるため、息の合った演技を観ることができるはず。

二宮和也さんの演技にも注目ですね。

潜水艦カッペリーニ号の冒険へのドラマへの口コミ評判・注目度

潜水艦カッペリーニ号の冒険は原作なしの実話!愛と友情は国境を超える!?

潜水艦カッペリーニ号の冒険は、原作のない実話をベースにしたドラマのため、注目度は急上昇。

どんな内容か、まだざっくりとしたあらすじしか分からないため、気になっている方も多いようです。

潜水艦カッペリーニ号の冒険の公式インスタグラムでは、メイキング映像なども公開されているので、「このシーンはどんな場面なんだろう…」と想像するのも楽しいですよね。