ドラマ

SUPER RICHの原作は韓国or漫画?脚本家演出は監察医朝顔のスタッフ陣が送る期待大な作品!

10月から始まるフジテレビの木曜劇場では、『SUPER RICH』というドラマが放送されることが発表されました。

ベンチャー企業の女性社長が主人公のドラマですが、『SUPER RICH』には原作があるのでしょうか?

『SUPER RICH』というタイトルの作品があったような気もするし、それは韓国or漫画なのかも気になります。

そこでこちらの記事では、『SUPER RICH』の原作について書いていきたいと思います。

SUPER RICHの原作は韓国or漫画?

原作なしのオリジナル

『SUPER RICH』は、韓国ドラマが元ではなく原作なしのオリジナル脚本とのことです。

最近放送されていたドラマでも韓国ドラマが原作のものがいくつかあり、『彼女はキレイだった』や『ボイス』など韓国ドラマで人気だったものは日本でも人気になりやすいので注目度が高いです。

けれど『SUPER RICH』は原作がなくオリジナル脚本となると、先の展開が読めないため毎週続きが気になるドラマになりそうです。

原作は韓国or漫画?

原作なしのオリジナルドラマだと公式サイトで発表されているため、漫画の原作もありません。

公式サイトで江口のりこさんが、

「まったくのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探せて行けたらなと思います。」

とコメントしています。

豪華な俳優陣と腕のあるスタッフ陣が集結しているため、どんな展開になるのか楽しみな作品になりそうです。

Twitterでも次々と発表される出演者に期待の声が高まっています。

SUPER RICHの脚本家や演出家は監察医朝顔スタッフ!

脚本家

公式サイトで発表されている脚本家は溝井英一デービスさんです。

原作なしの完全オリジナルドラマということは、どんなお話になるのか脚本がとても重要です。

前には『監察医朝顔』では脚本協力をし、その前のドラマ作品では『癒されたい男』の脚本や朗読劇やアニメも担当されたことがあります。

『監察医朝顔』シーズン2第1話は総合視聴率21.2%の記録を出し、『鬼滅の刃・第二夜・那田蜘蛛山編』の21.4%以来の高視聴率となっています。

毎回感動できる話で平均視聴率も2ケタを超え、その人気からシーズン2は半年間放送されました。

これは『SUPER RICH』も高視聴率になりそうです。

演出家

『SUPER RICH』の演出家として4人の方が発表されています。

  • 三橋利行さん
  • 平野眞さん
  • 相沢秀幸さん
  • 阿部雅和さん

どの方も『監察医朝顔』でも演出を担当されていて、チームワークはバッチリなのではないでしょうか。

他にも『トレース~科捜研の男』や『コンフィデンスマンJP』『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』など、人気のドラマでそれぞれご活躍されています。

特に平野眞さんは『ショムニ』『やまとなでしこ』『HERO』など高視聴率を叩き出したフジテレビドラマのヒットメーカーです。

フジテレビが『SUPER RICH』にかける期待が伝わってきます。




その他制作スタッフもヒット作品の生みの親!

脚本家や演出家だけでなく、プロデューサーも『監察医朝顔』シリーズから金城綾香さんが参加されます。

『グッド・ドクター』『5→9~私に恋したお坊さん~』も担当された方で、公式サイトのコメントでも『SUPER RICH』にかける熱い想いが伝わってきます。

お金と愛と幸せと、全部あれば良いのですが、そうはいかないのが人生だと思います。
江口さんに演じていただく衛は、凛としたクールな佇(たたず)まいがある女性で、赤楚さんに演じていただく優は柔らかい温かさのある男性です。
男と女、年齢差、バックボーンの違いなど、正反対の場所にいる二人がどう交わっていくのか、また、これからたくさんの登場人物と二人が交差して物語が進んで行きます。2021年秋、ご覧になった方の心を少しだけでも“リッチ”にできるよう、一同力を尽くして頑張ります。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUPERRICH/

『SUPER RICH』に関わるスタッフはそれぞれ色んなドラマで活躍されていて、『監察医朝顔』ではタッグを組んでいたのでチームワークもあり、『SUPER RICH』が面白いドラマになること間違いなしだと思います。

SUPER RICHのあらすじ内容や今後の展開予想

『SUPER RICH』は、電子書籍を手がけるベンチャー企業『スリースターブックス』の代表取締役CEOの氷河衛(江口のりこ)の物語です。

生まれも育ちも裕福で「お金があれば何事も解決できる」と考え、仕事にまい進するアラフォー女性。

社会的にも評価されている衛ですが、幼少期に両親を亡くし、心も閉ざし、愛に恵まれない人生を歩んできたようです。

衛が信頼している相手は一緒に会社を立ち上げた一ノ瀬亮(いちのせ・りょう)だけ。

そこへインターンとして入ってきた“子犬系男子”春野優(赤楚衛二)と出会い、衛の冷めた心が変わっていき、会社に降りかかる数々の困難をともに乗り越えていく物語だそうです。

江口のりこさん演じる格好いい主人公が、どんな困難にも向かっていく姿に視聴者も励まされそうですね。

今まで支えてきてくれた相棒の亮と一回りも年の離れた優とどちらの愛をとるのかも見どころになりそうです。




SUPER RICHの江口のりこの演技力への期待は?

江口のりこさんは過去様々なドラマや映画に出演し、アラフォー女性を代表する名脇役といっても過言ではありません。

『半沢直樹』で演じた国土交通大臣役は、佇まいといい表情の演技といい特に印象的でした。

主演を務めたドラマ『ソロ活女子のススメ』でも、等身大の女性を演じ女性の共感を得ていました。

今回は恋愛ドラマということで、江口のりこさんの恋する演技がどうなるのか楽しみです。

また主人公は関西弁で毒舌混じりということで、女性からの人気も高くなりそうです。