ドラマ

准教授・高槻彰良の推察の4話感想やネタバレ!彰良の過去や幽霊騒動の真実とは?

准教授・高槻彰良の推察の4話感想やネタバレ

准教授・高槻彰良の推察の4話感想やネタバレ!

2021年8月28日に放送されるドラマ『准教授・高槻彰良の推察』第4話。

今回は幽霊騒動を彰良と尚哉が調査します。そこでみえてくる真実とは何なのか。

また彰良にせまる謎の男から彰良の過去が明かされるのでしょうか。

そこでこちらの記事では、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』の4話の感想や気になる視聴率についてご紹介していきます。

ねこまる
ねこまる
目次をクリックして読みたい場所までとんでね

准教授・高槻彰良の推察の4話感想の前にあらすじネタバレ!

女優との対談が決まり準備をする高槻彰良(伊野尾慧)は、授業に出てこなかった深町尚哉(神宮寺勇太)を心配していました。

尚哉は熱をだしてしまい寝込んでいて、青い提灯のお祭りの夢をみてうなされています。

そこに彰良が食べ物をもってお見舞いに来てくれました。

方向音痴の彰良は3時間以上かけて尚哉の家にたどり着き、僕の研究室に必要な人だからと言われ尚哉も嬉しそうです。

風邪の後耳の調子が悪かった尚哉は、耳鼻科で中耳炎と診断され治療を受けます。

その後から、人の嘘が歪んで聞こえることがなくなり晴れ晴れした気持ちと彰良の役に立てないかもしれないと不安に思います。

女優・藤谷更紗(市川由衣)との対談の日、テレビに出演するという彰良を佐々倉健司(吉沢悠)は心配しています。

昔の彰良を知っている人がお前に気付くかもしれないという健司に、彰良はあの時僕は12歳だったし、ずっと探していた答えがみつかるなら危険を犯すべきじゃないかと言います。

対談後、更紗から現在撮影中の映画で怪奇現象がおきて困っていると相談され、彰良と尚哉は調査をすることになります。

映画の撮影現場に調査に行き、スタッフに怪奇現象について聞き込みをします。

女性のすすり泣く声が聞こえたり、白い服をきた女性が見えたなど話がでてきます。

話を聞いても嘘が歪んで聞こえないことに尚哉は戸惑い、先に帰ってしまいます。

佐々倉古書店に高槻家の秘書だという男性が来て、父親から彰良の過去を詮索する輩がでてくるから軽率な行動は控えるようにと言われてしまいます。

再度映画の撮影現場に調査にいくと撮影中に幽霊が現れますが、その正体は撮影スタッフの自作自演だと彰良は見抜きます。

さらにこの怪奇現象騒動はこの映画を話題にするための虚言であり、発案者は更紗だということも推理します。

年をとり、自分への需要が減ってしまうことを危惧していた更紗が心霊女優として再度注目を浴びることになり、このチャンスを逃したくないとスタッフにお願いしていたのです。

更紗の映画にかける熱意を知り、スタッフともども今後も撮影に励むことになります。

尚哉は「先生は俺がいなくても嘘が見抜けるんじゃないか」と聞くと、深町も嘘がわからなくなったことをなぜ僕に話してくれないのかと聞かれます。

「嘘が分からない俺には役に立てることがない、先生が本当に必要としてくれてるのかもわからない。孤独の呪いをかけられた俺はきっと1人のままなんです。」

尚哉は「助手を辞めさせてください」と言い「わかったよ。」と彰良は残念そうに頷きます。




准教授・高槻彰良の推察の4話の感想まとめ!

『准教授・高槻彰良の推察の4話』のみんなの感想をご紹介していきます。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

みんなの感想

女性の口コミ
女性の口コミ
まず、彰良と尚哉のお顔がイイんです!彰良のスーツ姿もカッコイイし立ち振る舞いも素敵。尚哉は役柄的には冴えない感じですが笑顔がかわいく、眼鏡を外したらイケメンです。それだけで眼福です。瑠衣子もさりげなく2人を支えてくれていて、良い関係性が出来上がっています。4話のゲストは市川由衣さん。相変わらずキレイだしかわいいです。今回は幽霊騒動でしたが、結果は自作自演。本当の怪異にはなかなか出会えません。あんなに困っていた嘘の能力もなくなってしまって落ち込む尚哉は、今後彰良との関係はどうなってしまうんでしょうか。彰良もあんなにあっさり承諾してしまうとは思いませんでした。
女性の口コミ
女性の口コミ
「准教授・高槻彰良の推察」4話の感想は、尚哉が寝込んでいた時に来た高槻から、もうお客さんじゃあないと言われて少し嬉しそうだったのに、能力が突然なくなってあんなに嫌がっていた能力だったのに、逆にそれが原因で高槻から離れて行ってしまうなんて残念過ぎです。
今までも色々と怪異っぽい事が巷では起こってきましたが、結局「怪異」は高槻と尚哉だけっていう様子に、2人の出会いが必然だったのか高槻の謎などを早く知りたいと思っています。

Twitterの反応

准教授・高槻彰良の推察の4話の視聴率は?

准教授・高槻彰良の推察4話の視聴率は、深夜ドラマのためビデオリサーチからは公表されません。

ただ、4話放送翌日のTverのランキングを見ると…准教授・高槻彰良の推察の順位は9位でした。

また、「准教授・高槻彰良の推察」の視聴率に対して視聴者からは次のような意見も。

※集計:クラウドワークス

TVerでの人気もあがってきました。深町君の自然な演技も好評です。やはりジャニーズファンからの人気が高いように感じられるので、原作ファンやミステリーファンの人気ももっと加わるとどんどん盛り上がっていくと思います。
ジュニーズとか伊野尾さんのキャラとか色々そんな情報を持って観ている方には、遜色が濃く映ってもいる様ですが、フラットな気持ちで観ているとそれ程でもなく感じますし、楽しみにしている方も多いかと思っています。

准教授・高槻彰良の推察の5話のあらすじネタバレ!

准教授・高槻彰良の推察の次回5話のあらすじがコチラ↓

嘘が分かる能力を失い「助手を止めさせてほしい」と尚哉(神宮寺勇太)が言う。高槻(伊野尾慧)は「分かった」と受け入れるが…。そんな中、何故か不幸続きの難波(須賀健太)が尚哉に泣きついてくる。原因は不幸の手紙にありそうだが、事もあろうに高槻は自分が代わりに呪われると言い出す。指定された5通の不幸の手紙の一通を高槻に渡す難波。その瞬間、薄暗い影が研究室を包み込み…。

『隣のハナシ』に新たな相談が入る。相談者は桂木奈々子(鞘師里保)。一人暮らしの部屋で何度引っ越しても怖い体験が続くのだという。
「最初になんとか予算に合うアパートを見つけたのが…むかし、『黒髪切(くろかみきり)』が出たという場所でした」
奈々子が何かに取り憑かれたのか、それとも部屋自体に怪異が潜むのか…原因を調査すべく瑠衣子(岡田結実)と不動産屋に向かった高槻は、そこで店主の山口(螢雪次朗)と息子の雅史(金井浩人)に会う。山口は奈々子の母親と同郷だという。瑕疵物件は一度誰かに貸せば、報告義務がなくなることから、瑠衣子は山口を疑うが…。

そんな中、調査のため奈々子の部屋を訪れた高槻が不可解な転落事故で怪我を負ってしまう。
「いつか先生が本物の怪異を引き寄せてしまうんじゃないか…」
瑠衣子の不安に、高槻と距離を置いていた尚哉は自ら怪異の解明に乗り出すため、佐々倉(吉沢悠)に決意の告白をする。
「俺、嘘が分かるんです」

出典:『准教授・高槻彰良の推察』公式HPより

次回は不幸の手紙と呪われた部屋と気になる怪異がでてきます。




【まとめ】准教授・高槻彰良の推察の4話感想とあらすじネタバレ・視聴率

准教授・高槻彰良の推察の4話の感想や視聴率をまとめていきました。

周りの人たちとも仲良くなり始めたのに、今度は嘘がわからなくなってしまった尚哉。

高槻との関係もどうなってしまうのでしょうか。

ねこまる
ねこまる
ちなみに『准教授…』を見逃してもFODで無料で全話フルで見られるよっ

FODには2週間の無料お試し期間があります。

ドラマを見逃した場合でも、FODの無料トライアル期間中であれば実質“タダ”で動画が楽しめます。

過去に放送されたフジテレビ系列のドラマももちろん見放題!

大人の土ドラの前枠に放送された『#コールドゲーム』もFODで配信中です。

FODは契約も解約も、どちらも3分で完了します。

\准教授…を見逃しても大丈夫/