ドラマ

TOKYO MER最終回のネタバレと視聴率!MER存続の結末は?

TOKYO MER最終回のネタバレと視聴率

TOKYO MER11話(最終話)のネタバレと視聴率!

2021年9月12日放送のドラマ『TOKYO MER』第11話(最終話)。

妹・涼香の死を受けてMER脱退を決めた喜多見。

MER存続は、MERチームのみんなはどうなってしまうのでしょうか。

そこでこちらの記事では、ドラマ『TOKYO MER』の11話(最終話)の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

【ParaviならTOKYO MERを無料で見られます】

無料お試し版に登録すれば、
1話から最新話まで見放題♪

>>無料期間中の解約OK

TOKYO MER11話(最終話)の感想の前にあらすじネタバレ

11話(最終話)あらすじネタバレ

MERの認可を巡る最終審議会の直前、喜多見のテロ組織関与疑惑や空白の1年間の誤解を解こうと一致団結するMERメンバーでしたが、音羽尚(賀来賢人)は白金眞理子(渡辺真起子)の息の根のかかった人物が集まっていることからもMERの認可は降りないと現実を突きつけます。

そんな時、都内で同時爆破テロが起こりMERへ出動要請がきます。

出動を拒否しようとする音羽を遮り、弦巻比奈(中条あやみ)が出動を承諾。

喜多見から教わってきたことをやるだけだと最後になるであろう現場に向かいます。

MERメンバーが救助活動している中、最終審議会でMERについての報告を求められた音羽は「今の日本に必要な医療だ、私はTOKYO MERの医師です」と白金や天沼の期待を裏切りMERを擁護。

スーツを脱ぎ審議会を飛び出して急いで現場に向かいます。

MERの認可が降りなかったことからERカーでの緊急手術を止められたところへ白金からの連絡が入ります。

それはMERの活動を認めること、周囲の病院や救急に応援を要請すること、命を最優先しなさいという内容でした。

一方、自宅で意気消沈している喜多見の元へ高輪千晶(仲里依紗)が訪れ喝を入れます。

MERの救助活動の様子を耳にした喜多見はこれまでのことやMERメンバーのことを思い出し自分がどうするべきなのか改めて考え込んでいるようでした。

最後の救助者の処置を行っていた音羽がガスを吸ったことで意識を失いかけたその時、喜多見が現れ音羽を鼓舞します。

喜多見が現れたことで現場の空気がガラッと変わり救助活動もうまく回り始めます。

死者を出すことなく全員を救助することができました。そこに月島しずか(稲森いずみ)から電話が入り、椿(城田優)の動きを予測するため喜多見が失いたくないものは何かと問いかけます。

その頃椿はMERの待機室に爆弾を設置、病院もろとも爆破しようとしていました。

先回りして身を潜めていた月島らが椿が爆弾を離れた隙を狙って発砲。

椿はその場に倒れ込み、椿を取り押さえること、爆破を防ぐことに成功します。

現場から戻った喜多見は椿の容態を確認、緊急手術を決断します。

妹を殺害した張本人を助けるのか、警察病院に任せればいいのではないか、と動揺するMERメンバーに「目の前にある命を救うのがMER。それをしなければ医師ではない。」と喜多見の想いを伝えます。

その想いを受けMERメンバーは一丸となり椿の命を救います。

時は流れ、MER発足の記念式典の日を迎えます。

いよいよお披露目というその時に出動要請が入り、式典の場を颯爽と去り現場に向かうTOKYO MER。

これからも彼らの活動は続いていくのでしょう。




TOKYO MER11話(最終話)の感想まとめ!

「TOKYO MER第11話(最終話)」のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

みんなの感想

女性の口コミ
女性の口コミ
喜多見の想いを代弁しMERの必要性を語り、命懸けで救助にあたっている音羽の姿がとてもかっこよかったです。意識を失いそうな時に駆けつけた喜多見はまさにヒーローそのもので最強のコンビだなと感じました。
女性の口コミ
女性の口コミ
椿の手術後、「命を救えてよかった」とどこか寂しげな笑顔を見せる喜多見と堪えきれずに涙を流す音羽の対照的な姿をみて私の感情がぐちゃぐちゃになりました。涙が止まりませんでした。
女性の口コミ
女性の口コミ
喜多見を鼓舞するために自宅に駆けつけた高輪先生とのやりとりが個人的にはとても良いシーンだなと思いました。「涼香は俺のせいで死んだ」という嘆きに対して「そうかもしれないね」と返せるのは元嫁で喜多見のことを深く知っている高輪先生だけですし、気を使って「そんなことない」と言われるよりも過去を背負いながら前を向いて生きていく覚悟ができる言葉だったように感じました。
女性の口コミ
女性の口コミ
このドラマの中での唯一の死者が涼香だったことが、綺麗事だけじゃ済まされない現実を突きつけられているようで凄い脚本だなと思いました。

Twitterの反応

TOKYO MER11話(最終話)の視聴率は?

TOKYO MER11話(最終話)の視聴率は、19.5%でした。(ビデオリサーチ調べ)

第1話からの視聴率推移
2021夏ドラマ
『TOKYO MER』
放送話 視聴率
1話 14.1%
2話 14.3%
3話 14.4%
4話 10.1%
5話 10.8%
6話 8.4%
7話 15.0%
8話 14.5%
9話 15.0%
10話 13.5%
最終話 19.5%

また、前枠となった『ドラゴン桜』の視聴率はコチラ⬇︎

前枠ドラマの視聴率推移
2021春ドラマ
『ドラゴン桜』
放送話 視聴率
1話 14.8%
2話 13.9%
3話 12.6%
4話 14.3%
5話 13.8%
6話 14.0%
7話 14.4%
8話 14.6%
9話 15.4%
最終回 20.4%
  • 最高視聴率:20.4%
  • 最低視聴率:12.6%

最終話はとても見応えがあってあっという間でした。最高視聴率を記録したことも納得です。




【まとめ】TOKYO MER11話(最終話)感想とネタバレ

TOKYO MER11話(最終話)の感想や視聴率、ネタバレをまとめていきました。

最後にはMERの認可が降り、これからも活躍していくであろう姿を見ることが出来て良かったです!

医療従事者の方々の決死の努力やひとつの命の重さについて考えさせられるドラマだったと思います。

【ParaviならTOKYO MERを無料で見られます】

無料お試し版に登録すれば、
1話から最新話まで全話見放題!

Paravi2週間の無料期間中に解約すれば、
料金は一切かかりません。