ドラマ

TOKYO MER7話のネタバレと視聴率!明かされる喜多見の過去とは…?

TOKYO MER7話のネタバレと視聴率!明かされる喜多見の過去とは…?

TOKYO MER7話のネタバレと視聴率!

2021年8月15日放送のドラマ『TOKYO MER』第7話。

稲森いずみさん演じる月島しずかが新たに登場します。

そしていよいよ喜多見の過去が明らかに…?!

そこでこちらの記事では、ドラマ『TOKYO MER』の7話の感想やネタバレ・気になる視聴率についてご紹介していきます!

ねこまる
ねこまる
目次をクリックして読みたい場所までとんでね

TOKYO MER7話の感想の前にあらすじネタバレ

7話あらすじネタバレ

外国人労働者が原因不明の症状を訴え、出動したTOKYO MER。

集団食中毒事件と思われたが、症状のある患者数人に対してなぜか多くの警察官が集まっていました。

状況が把握できないまま治療にあたり病院へ搬送しようとしますが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れて搬送を拒み拘束します。

今回の事件には正体不明のテロリストからの爆破予告、外国人が不法滞在者であったことなどが関係していました。

現場の地下室には神経ガスが充満、まだ不法滞在の外国人労働者が取り残されており喜多見幸太(鈴木亮平)らは救助に向かおうとしますが警察に止められ動くことが出来ません。

全てを知ったうえで赤塚梓(石田ゆり子)はTOKYO MERに救助に向かうよう指示を出します。

現場の指揮権が警察から都庁にうつったことで救急隊も駆けつけ、千住幹生(要潤)も救助に加勢します。

爆破予告は未遂に終わり、地下室に取り残されていた全員を救出、今回も死者ゼロで任務を終えることが出来ました。

事件の後、月島はテロリストの正体を探っていました。

事件現場の映像から爆破予告の送り主であるTSUBAKI(城田優)が紛れていたことを突き止めます。

TSUBAKIは喜多見にも連絡をしており、二人は知り合いのようで…。




TOKYO MER7話の感想まとめ!

「TOKYO MER第7話」のみんなの感想を見てみましょう。

みんなの感想(集計:クラウドワークス)

みんなの感想

女性の口コミ
女性の口コミ
前回の予告で稲森いずみさんが登場して新たな展開を迎えそうだなと思っていたらラストで突然城田優さんが登場してさらにびっくりしました!これからのストーリーのキーパーソンになりそうなので楽しみです。ただ、喜多見先生にとっては決して良い存在ではないと思うので苦しい展開になっていきそうだなと思いました。

Twitterの反応

TOKYO MER7話の視聴率は?

TOKYO MER7話の視聴率は、15.0%でした。(ビデオリサーチ調べ)

第1話からの視聴率推移
2021夏ドラマ
『TOKYO MER』
放送話 視聴率
1話 14.1%
2話 14.3%
3話 14.4%
4話 10.1%
5話 10.8%
6話 8.4%
7話 15.0%
8話
9話
最終回

また、前枠となった『ドラゴン桜』の視聴率はコチラ⬇︎

前枠ドラマの視聴率推移
2021春ドラマ
『ドラゴン桜』
放送話 視聴率
1話 14.8%
2話 13.9%
3話 12.6%
4話 14.3%
5話 13.8%
6話 14.0%
7話 14.4%
8話 14.6%
9話 15.4%
最終回 20.4%
  • 最高視聴率:20.4%
  • 最低視聴率:12.6%

また、視聴者からは「TOKYO MER」の7話の視聴率について次のような意見も。

新章に入る回だったこともあり視聴率が高かったのではないかと思います。
TOKYO MERのドラマ放送後に追記します。



TOKYO MER8話(次回)あらすじネタバレ

TOKYO MERの次回8話のあらすじがコチラ↓

とある病院で、停電により全ての医療機器が停止!多くの患者が死に直面するパニックに…!

出動した喜多見幸太(鈴木亮平)らMERメンバーだが、”空白の1年”の秘密を知ってしまった音羽尚(賀来賢人)は激しく反発。「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」と宣言し、MERメンバーの信頼関係は崩壊してしまう…。そんな中、患者を救うため単独で屋外の発電機復旧に向かった喜多見を、恐るべき危機が襲う―!

出典:『TOKYO MER』公式HPより

絆を深め、信頼関係を築き始めていたTOKYO MERチームがどうなってしまうのか目が離せません。

【まとめ】TOKYO MER7話感想とネタバレ

TOKYO MER7話の感想や視聴率、ネタバレをまとめていきました。

次回ではついに喜多見の空白の1年間に何があったのかわかりそうです。

それを知ったTOKYO MERのメンバー達が何を感じてどう変わっていくのかが見所ですね。

ちなみに、『TOKYO MER』を見逃しても『Paravi』でフルで無料視聴できますよ。

Paraviには2週間の無料お試し期間があります。

  • 「ドラマを見逃した!
  • 「そもそも住んでいる地域で放送されない…!」

という場合でも、Paraviの無料トライアル期間内に解約してしまえば”タダ”で見ることができますよ♪

また、過去に放送されたテレビ東京系やTBS系メインの国内ドラマも、もちろん見放題!

話題となった「天国と地獄」や「ドラゴン桜2」もParaviで配信中です。

契約も解約も、どちらも3分で終了します。